西島秀俊「倫也くんが常に笑わせてくれる」中村倫也との収録舞台裏トークを明かす

芸能総合 公開日:2022/10/31 19
この記事を
クリップ

俳優の西島秀俊中村倫也が、10月31日(月)発売の「デジタルTVガイド」がおくる秋ドラマガイドブック「デジタルTVガイド全国版2022年12月号増刊 ドラマコンプリート2022秋」のバックカバーを飾っている。


仮面ライダーBLACK SUN」に出演している西島と中村。巻末インタビューでは、 「同じ変身をした2人として感慨深い共通項が1つ増えた」(中村)、 「倫也くんが常に笑わせてくれるので現場が和みました」(西島)と、 収録の舞台裏トークを繰り広げていた。




【関連】中村倫也、主演ミュージカルは「“異常な人”しか出てこない」 観劇には覚悟が必要?

このほかにも同誌では、「相棒 season21」 水谷豊寺脇康文 、「PICU 小児集中治療室」 吉沢亮 、 「silent川口春奈目黒蓮 、「霊媒探偵・城塚翡翠清原果耶瀬戸康史小芝風花 、「早朝始発の殺風景」山田杏奈奥平大兼、「永遠の昨日小宮璃央井上想良 、「祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録YU、 「F4 Thailand/BOYS OVER FLOWERS  Dew & Nani らも登場している。



同誌では、注目作のキャストたちが作品の見どころ、 ドラマへの思いをたっぷりと語るほか、 それぞれの“人生初ドラマ=自身の記憶、 印象に残っている最初のドラマ体験”についても明かしている。 各キャストに人生初ドラマや思い出のドラマについて聞くと、 「テレビドラマをちゃんと見たのは小学校4~5年生の高学年になってからだったんですけど…」(赤楚)、 「僕が小学生のときに、 いろんなアメリカのドラマが日本に入ってきて…」(水谷)、 「これを見て、 役者になりたいなと思った…」(寺脇)、 「教師ものをよく見ていたのですが…」(西島)など貴重な話が盛りだくさんのほか、 中村倫也は小さい頃見ていたある作品の出演者との共演エピソードも明かしているので、ぜひチェックしてみていただきたい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)