SKY-HI『AERA』表紙&インタビューに登場 BE:FIRSTをプロデュースする現場にも密着

芸能総合 公開日:2022/10/28 8
この記事を
クリップ

10月31日発売の『AERA』11月7日号(朝日新聞出版)の巻頭特集は「『個性』を育てる現場」と題し、SKY-HIBE:FIRSTの7人をプロデュースする現場に密着した。「やさしさ」「信頼関係」など、個性を伸ばすための信念やポイントを具体的に紹介する。SKY-HIは表紙とインタビューにも登場し、そのような人育てに至った原点を語る。11月11日に公開される新海誠監督の新作映画『すずめの戸締まり』で声を担当する松村北斗原菜乃華の対談も収録。松村は初挑戦となる声の演技で難しさを感じたと言うが、その奥深さを体験し「僕のこれからの全てに影響しそうだ」と語っている。


【関連】『MUSIC BLOOD』BMSG ALLSTARS登場、ぶっちゃけトークに社長もノリノリ



巻頭特集では、SKY-HIがプロデュースするBE:FIRSTの公演直前の舞台裏に密着した。ピリピリしたムードはなく、メンバーが個性をのびのびと発揮できるような声かけが随所に見られる。フラットな関係性を心掛け、メンバーが主体的に考えて動けるように工夫する、よいものは積極的に褒めて、本人がいなくても仲間の前で褒めるなど、SKY-HIの人育ての信念がわかる。このような人育てについて、SKY-HIは「やさしいリベンジ」なんだと語る。自身のつらかった体験を踏まえ、もっとこういうふうに育てられたら才能が伸びるんじゃないかと感じたことを、今度は「育てる」ほうに生かしているそう。そのSKY-HIは表紙とグラビアにも登場。蜷川実花撮影による吸い込まれるようなまなざしの魅惑的な写真の数々を確認してみては。


新海誠監督の新作映画『すずめの戸締まり』でアフレコを担当した松村北斗と原菜乃華は口々にその貴重な体験を振り返る。「声のお芝居は、声だけで表情と感情を出さないといけないので、心で思っているものよりもさらに大きく表現していく必要があった。そこが難しい」(松村)、「録り直しを何回もしていただけたことは、すごくありがたかった。納得いくまでやらせていただけて、なんて贅沢なんだろうと」(原)。松村は、新海監督ら制作陣と一体化して作品をつくり上げていった体験について「ここにはここにしかないものがあると感じました。奇跡的なものが出来上がっていく、偶然ではない現場を経験した」と興奮気味に語っている。2人の作品への思いが詰まった対談だ。


人気連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、千鳥ノブをゲストに迎えた2回目。共演した『ぐるナイ』の「ゴチになります!」を巡る話で盛り上がる。松下は、ゴチに出演したことで「だんだん自分の殻が取れて、自分自身が軽くなる。ドラマやお芝居の現場でも肩の力が抜けてくるんです」と振り返る。笑いが止まらないほどの楽しい対談の端々に、仕事に向ける思いがつまった対談だ。



■AERA(アエラ)2022年11月7日号
【発売日】2022年10月31日(月曜日)
【定価】440円(本体400円+税10%)

※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント