神谷浩史&宮野真守『うる星やつら』で葛藤「過去へのリスペクトをエッセンスとして…」

芸能総合 公開日:2022/10/27 11
この記事を
クリップ

うる星やつら』なツーショット「令和版あたるは知的でドキッとする」。神谷浩史宮野真守が、10月28日発売の『Oggi』12月号(株式会社小学館)に登場する。




36年ぶりの新作TVアニメが話題の令和版『うる星やつら』(CXほかで放送中)から主要キャストを務める神谷浩史さんと宮野真守さんが、ファッション誌『Oggi』12月号に登場。人気声優を本気で撮り下ろす好評連載「耳恋ー推しの声が聞きたくてー」で“名作”復活に駆けた心の内を語っている。


『うる星やつら』は、80年代に大ヒットした高橋留美子原作(『週刊少年サンデー』連載)のTVアニメ。女好きな高校生・諸星あたるが、宇宙からやって来た美少女・ラムをはじめ、大勢のユニークなキャラクターたちとドタバタを繰り広げるラブコメディが人気を集めた。令和版では、神谷があたる役を、宮野があたるのライバル・面堂終太郎役を務め、ラム役には上坂すみれと、人気・実力ともに声優界を牽引する3人が新作を担当。名声優たちが演じた作品とどう向き合うか、そこにはそれぞれの葛藤があったと言う。


神谷「古川登志夫さんが演じる、軽薄でインチキな諸星あたるが大好きで、その声が頭から離れられない。どうやって演じたらあたるに聞こえて、かつ今の『うる星やつら』の絵に合うんだろうって、すごく考えたね」

宮野「かつて神谷 明さんが演じられた面堂終太郎が絶対的な存在として自分の中にいるんですよ。その演技に追いつこうと思っても追いつけない。それなら自分なりの面堂を目指そうと思ったのはいいけど、神谷さんの面堂とどう向き合えばいいのか分からなくなってしまって」


そして出てきたひとつの答えが、「過去へのリスペクトをエッセンスとして取り入れて自分なりに演じる」(宮野)。出来上がった令和版のキャラクターについて互いをこう評す。


「(神谷さんのあたるは)スケベでバカで甲斐性なしなんだけど、どこか知的でドキッとさせられる。ラムとのロマンスも、ギャグシーンもドキドキさせてもらえる」(宮野)。一方の神谷は「マモちゃん(宮野さん)の面堂からは隠しきれない“マモ臭”がするのよ(笑)。面堂は見た目がよくてお金持ちだけれど、根本的な性質はあたると大きく変わらない。そんなふたりの差を“マモ臭”が確かなものにしてくれているように感じてる」

【関連】『うる星やつら』宮野真守演じる御曹司・面堂終太郎がついに登場 第3話あらすじ&場面写真公開


気になる“知的さ”と“マモ臭”については、ぜひ、アニメ本編をチェックするとして、対談形式のインタビューで語られるのは、異なる才能が互いをリスペクトしながら、自分なりの答えを見つけていく過程。ツーショットで撮影した写真も異なる個性がぶつかり合うようで、どこかユニーク。令和版あたると面堂はこんな感じ?と想像させられる。


■『Oggi』12月号

10月28日発売


▼関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント