『君の花になる』 から誕生の8LOOM、ときめき全開の艶顔で『anan』SP版表紙に登場

芸能総合 公開日:2022/10/21 22
この記事を
クリップ

TBS系火曜ドラマ『君の花になる』から生まれたボーイズグループ・「8LOOM(ブルーム)」が、10月26日(水)発売の女性グラビア週刊誌『anan』「恋の在りか。2022」特集スペシャルエディション版の表紙に登場する。



今回の特集テーマは、現代の様々な愛しさやときめきの形を模索する「恋の在りか。2022」。そのスペシャルエディション版の表紙とバックカバーに登場するのが、現在火曜ドラマ『君の花になる』(TBS系、火曜22時~放送中)にて、劇中でトップアーティストを目指して奮闘中であり、さらにリアルでもデビューを果たしたボーイズグループ・8LOOM。そのメンバーである佐神弾(高橋文哉)、成瀬大二郎(宮世琉弥)、古町有起哉(綱啓永)、一之瀬栄治(八村倫太郎)、桧山竜星(森愁斗)、久留島巧(NOA)、小野寺宝(山下幸輝)の7人をスペシャルシューティング。8LOOMとして、役として、そして彼ら自身として、トリプルにリンクする魅力が全開!オーラ全開の表紙と、オフのナチュラルな素顔が垣間見られるバックカバー。オンオフ両方をWカバーで楽しめるスペシャルな企画。ドラマから現実世界に飛び出した彼らを、お楽しみいただきたい。


グラビアコンセプトは、“僕らの居場所”。スターの彼らと、素顔の彼ら、両方の居場所での輝きをシューティング。オンの世界では、“世界に羽ばたく8LOOM見参!”をテーマにスタイリッシュに、颯爽と進んでいく瞬間を撮影。スターの階段を上がっていくドラマストーリーとリンクするかのような、艶っぽい魅力が全開となっている。そして夕景の優しい光に包まれたセットでは、“共同生活での日常”をテーマに、オフな雰囲気で組みショットを撮影。「自由に動いてください」とお願いすると、それぞれに本を読んだり、楽器で音楽を奏でたり、地球儀を眺めたり...。わちゃわちゃ、ほっこりと楽しそうな時間が流れていた。役柄と本人たちを緩やかに行き来する“素顔”をのぞき見しているかのような、夢のような時間が切り取られている。オンとオフ、ふたつの魅力がつまったストーリーグラビア、ぜひ、お楽しみいただきたい。


ソロおよび2~3人ずつ行ったインタビューでは、役者としての本人のこと、ドラマの魅力、役へのエール、そして、8LOOMのこと。それぞれ交差させながら話を聞いた。本人たちの魅力の深掘りはもちろん、読めばますます彼らを応援したくなるはず。ここでしか楽しめない、本人×役柄×ドラマがリンクするインタビューをチェックしてみていただきたい。


8LOOMは、TBS系火曜ドラマ『君の花になる』(火曜22時~)から生まれたボーイズグループ。高橋文哉、宮世琉弥、綱啓永、八村倫太郎、森愁斗、NOA、山下幸輝の7人で結成!ドラマにリンクし、期間限定でデビューした。


ドラマ『君の花になる』は現在、TBS系列にて毎週火曜22時~絶賛放送中。ある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(本田翼)が、トップアーティストを目指す崖っぷちのボーイズグループ「8LOOM(ブルーム)」の寮母となり、共に“トップアーティストになる”という夢に向かっていく姿を描く成長物語。密着&応援コンテンツ「『君の花になる』までの365日」はTBS公式YouTubeと、Paraviで配信中。「8LOOM(ブルーム)」は、TBS系火曜ドラマ『君の花になる』(火曜22時~)から生まれたボーイズグループ。高橋文哉、宮世琉弥、綱啓永、八村倫太郎、森愁斗、NOA、山下幸輝の7人で結成!ドラマにリンクし、期間限定でデビューした。


同誌では、読者世代のリアルな恋愛事情を取り上げる。アンケートで探った“恋の温度感”から始まり、識者による本音座談会、伊藤万理華林田岬優がインタビューで語る“私と恋との距離感”、恋のお悩み相談、出会い方も付き合い方も多様化している現代の恋愛模様のレポートなど、多角的に「今の時代の恋」について取材した。注目の男子バレーボール選手・髙橋藍撮り下ろしグラビア、松任谷由実×山内マリコのスペシャル対談など盛りだくさんの内容。となっている。anan2321号は、通常版とスペシャルエディション版同日発売。特集内容は同一となる。通常版の表紙は、俳優の松下洸平


▼関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント