乃木坂46 久保史緒里 山田裕貴 JO1ら9組が登場『オールナイトニッポン』を大特集

芸能総合 公開日:2022/10/19 7
この記事を
クリップ

1967年の放送開始から55年に渡り、才能豊かな数々のパーソナリティを見出し、常に時代の最先端を見つめ、新しい才能や新しい文化をラジオから発信してきた、深夜の解放区『オールナイトニッポン』。55周年を迎えた“深夜ラジオの代名詞”『オールナイトニッポン』がエンタテインメント専門誌『日経エンタテインメント!』12月号(日経BP 11月4日発売)で大特集される。




ニッポン放送をキーステーションに全国ネットで放送しているが、同時放送となるラジオ局の数は、深夜25時台の『オールナイトニッポン』が36局、27時台の『オールナイトニッポン0(ZERO)』は31局と過去最高の数となっている。またPodcastオリジナル番組となる『オールナイトニッポンPODCAST』やサブスクサービスとなる『オールナイトニッポンJAM』も展開し、『オールナイトニッポン』ブランドのコンテンツ展開は多岐に渡っている。radikoやPodcastでの聴取が広がり20代30代のリスナーも急増するなど、令和の時代に黄金期を迎えた『オールナイトニッポン』の現状と魅力を、番組制作スタッフとパーソナリティへの取材からひも解く30ページ超の大特集だ。


レギュラーパーソナリティー陣のインタビューには、25時台の『オールナイトニッポン』からCreepy Nuts(月曜)、星野源(火曜)、乃木坂46久保史緒里(水曜)、24時台の「オールナイトニッポンX(クロス)」から山田裕貴(月曜)、JO1白岩瑠姫(水曜)、27時台の『オールナイトニッポン0(ZERO)』からフワちゃん(月曜)、佐久間宣行(水曜)、マヂカルラブリー(木曜)、『オールナイトニッポンPODCAST』からアンガールズ(木曜)と9組が登場。


それぞれ、自身の番組への向き合い方やリスナーとの距離感が近いラジオの面白さをたっぷりと話している。様々な記事から、「オールナイトニッポン」の勢いと魅力を感じられる1冊となるはずだ。


■日経エンタテインメント!2022年12月号

2022年11月4日発売


※本記事は掲載時点の情報です。

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント