長濱ねる、“持続可能な食材”に舌鼓「おいしい〜!」

芸能総合 公開日:2022/10/18 19
この記事を
クリップ

女優・タレントの長濱ねるが18日、都内にて開催されたNISSAN SAKURA×BLUE BOTTLE COFFEE「SAKURA COFFEE」オープン記念イベントに出席した。


「SAKURA COFFEE」は、10月19日から31日までの期間限定でオープンする、新型軽の電気自動車「日産サクラ」による移動型店舗。日産自動車とブルーボトルコーヒーとの、「環境にやさしい未来のコーヒーショップ」をテーマとした初のコラボレーションとなっている。


「もともと日産さんの電気自動車、そしてブルーボトルコーヒーさんを日頃使わせていただいていた」という長濱。今回のコラボレーションに「その2つの企業さんがコラボするという驚きとわくわくの感想を持ちました」とコメントした。


その後、長濱は日産自動車とブルーボトルコーヒーが共同開発した持続可能な食材「FUTURE FOODS」として用意された「くるみのソイケーキ」、「オーバーナイトオーツ」をそれぞれ試食。どちらも笑顔で頬張った長濱は「おいしい〜!」と感激した。



また、長濱自身のサステナブルな取組みを聞かれた場面では、「私自身が九州の長崎県出身ということで、小さい頃からウミガメのために海のクリーンアップとかに地元の方と参加していたこともあって、ごみを目にする機会が多くて、こういった問題に興味を持つようになった」と環境問題に関心を寄せるようになったきっかけを告白。


続けて、この日、身につけた衣装について「今日は、農業廃棄物であるブルーベリーを使って染めた衣装を着てきまして」と明かし、「衣装さんが今回のイベントに合わせて作ってくださって。染めるのも使われなくなってしまった食べられないブルーベリーを染料として再利用している衣装になります」と語った。


さらに「SDGsなどの言葉をよく耳にするようになって、私と同じ同世代の方も『言葉は聞いたことあるんだけど何をしたらいいかわからない』『なんとなく難しそうだな』と感じる方も多いと思う」と持論を展開。その上で、「日々の選択と言いますか、『今日はここでコーヒー買おう』とか『この車に乗ろう』とか『ここのお店使おう』とか、そういった自分が利用する消費者として、利用することで協力になるんだよというのを知ってもらえたらすごくいいなと思いますし、私自身もそういった企業さんに協力する意味を込めて、買ったり飲んだりしていきたいなと思います」と宣言していた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 42件)

関連タグ

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント