片寄涼太 熱い想い明かす、芸術とエンタテインメントをつなぐ役割を担いたい

芸能総合 公開日:2022/10/12 15
この記事を
クリップ

『ハーパーズ バザー』12月号(発行:株式会社ハースト婦人画報社)、定期購読だけの限定カバーに、GENERATIONS from EXILE TRIBE片寄涼太が登場する。特集では魅力溢れる撮り下ろしカットに加えて、自身のビジョンに描く次なる展望を明かしてくれた。



カバーを飾るのは、女優として唯一無二の存在感を放つ上野樹里。コーディネートごとに異なるキャラクターを見事に演じるファッションポートレートや、事務所独立後に踏み出すあらたな一歩への思いなどを語るインタビュー、さらに発売日に公開するスペシャル動画も必見だ。「服とともに感情も一枚の写真から伝わればうれしい」―そう語る上野樹里が、カバー撮影で着こなすのは、フェアアイルニットに、透け感のあるロングスカートを合わせた2022年秋冬のラルフ ローレン コレクション。


インタビューでは、今年、約20年間所属した事務所から独立し、より自然体でいられるようになったという彼女が、自身の足で踏み出す新たな一歩への思いを語ってくれた。さらにスペシャル動画も撮影。「秋から冬へと移り変わっていく季節の流れと、大切な人たちと過ごすホリデーの訪れ」をテーマに、ワンカット風のカメラワークでストーリーを描いている。ホリデーに向かって気持ちがワクワクと高揚していく様子を演じてもらった。


また、GENERATIONS from EXILE TRIBEの片寄涼太が、「定期購読限定」カバーと本誌特集ページに初登場。ジバンシィ初の日本人アンバサダーとして、メディア最速露出となる2023年春夏メンズコレクションをリズミカルに着こなす姿を披露する。独占インタビューでは、アートやファッションといった芸術と、自身のメインフィールドであるエンタテインメントをつなぐ役割を担いたいという熱い想いを明かしてくれた。


■ハーパーズ バザー12月号

2022年10月20日(木)発売


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント