Snow Man 深澤辰哉、“リアコ枠”について語る「よく言われるんですけど…」

芸能総合 公開日:2022/09/26 6
この記事を
クリップ

9月26日発売の『AERA』10月3日増大号(株式会社朝日新聞出版)は、アルバム『Snow Labo.S2』をリリースしたばかりのSnow Manから深澤辰哉が表紙とインタビューに登場。グループらしさ、自分らしさをテーマに、「『一番近くにいる人』でいたい」という思いを語った。メンバーカラーの紫をバックに蜷川実花が撮影。テレビなどで見る姿とは一味違う、クールな表情も必見だ。




表紙に登場する深澤辰哉は、リリースしたばかりのセカンドアルバム『Snow Labo.S2』について、「今のぼくらだからこそ広げることができた『表現の幅』を楽しんでもらえると思う」と話す。グループの中でも率先してボケたり三枚目役を引き受けたりする深澤だが、自らについては「もともと、めちゃくちゃ人見知りなんです」と話す。テレビの収録で一回もしゃべれず落ち込んだことも。でも「考え過ぎないことを心がけて、自分からしゃべるようにしたらラクになった」と言う。


リアルに恋できる“リアコ枠”としても人気を誇る深澤。「よく言われるんですけど、自分では全然理由がわからなくて。たぶん、『普通』だからでしょうね(笑)」と語る。そんな深澤は、大人気アイドルとなった今も、ファンの「一番近くにいる人」でいたいという思いをずっと抱いているそう。蜷川実花撮影によるクールでかっこいい写真の数々、見逃さないようにしよう。


大好評連載『松下洸平 じゅうにんといろ』は、俳優・脚本家のマギーがゲスト。共演したドラマの待ち時間に、悩みを抱える松下が、マギーの車の後部座席に座り込んで相談を持ちかけたという話から始まる。マギーが「よく覚えているよ」という、松下からの率直で意外な悩みとは何だったのか。松下が信頼できる先輩にだからこそ打ち明けられた悩みと、それにまつわる深い話は必読。対談の温度感が伝わってくる、様々な表情を捉えた写真も注目だ。


■『AERA』2022年10月3日増大号

2022年9月26日(月曜日)発売


※本記事は掲載時点の情報です。