加藤シゲアキ 作家として10周年の節目、クリエイティブの“原点”明かす

芸能総合 公開日:2022/09/26 7
この記事を
クリップ

加藤シゲアキが表紙を飾る『TVガイドAlpha』(株式会社東京ニュース通信社)が、本日発売。作家生活10周年の節目に1万字インタビューで明かす、クリエイティブの“原点”。




写真集のようなビッグサイズの判型が特徴的な『TVガイドAlpha』。アルファベットの頭文字(A~Z)をテーマに、今の時代を象徴する旬な人やグループの核心に迫るシリーズで、2016年11月に「A」から始まった本誌は、2週目の「Z」となる「ZZ(ダブルゼット)」を経て3周目に突入。3度目の「G」となる「GGG(トリプルジー)」のカバーには、加藤シゲアキが登場する。


「FFF」号表紙の増田貴久に続き、同じくNEWSの加藤シゲアキが表紙を飾る。この9月にNEWS結成20周年イヤーに突入、現在、3人体制となって初めて一から作り上げたライブツアー『NEWS LIVE TOUR 2022 音楽』を開催中と、グループとして節目を迎えている加藤シゲアキ。作家としても10周年の節目にあり、9月30日には作家生活10周年記念本『1と0と加藤シゲアキ』(KADOKAWA刊)を発売、さらに書籍の発売を記念した企画として、原作・脚本・主演も務めるショートフィルム『渋谷と1と0と』が公開、同作で監督デビューを果たす。


12ページに及ぶ巻頭特集では「Graph=記録」をテーマに、クリエイター・加藤シゲアキの10年とその原点を1万字インタビューで紐解いていく。撮影では、加藤の端正さが際立つデニムのセットアップに白Tシャツというシンプルなスタイルのほかにも、ブラックジャケットスタイル、オーバーニットスタイルの3パターンを披露。アーティスト・加藤シゲアキの振り幅をぜひ堪能しよう。同号ではNEWSのツアー『NEWS LIVE TOUR 2022 音楽』さいたまスーパーアリーナ公演のリポートも掲載。


北山宏光のソロ連載『北山宏光の次、どーする?(仮)』は、出演中の舞台『Endless SHOCK』の開催地である福岡・博多座周辺でロケ撮影を敢行。屋台や中洲クルーズを体験し、博多の空気を楽しむ“オフ”感溢れる表情に注目だ。打って変わり北山が“オン”モード全開で挑む、舞台『Endless SHOCK』博多座公演の模様も6ページに渡って掲載。堂本光一との競演を本誌ならではの美麗カットとロングリポートで特集する。


さらに10月期ドラマを彩る豪華な面々も続々登場。『親愛なる僕へ殺意をこめて』(フジテレビ系)に主演する山田涼介、『クロサギ』(TBS系)に主演する平野紫耀、『ボーイフレンド降臨!』(テレビ朝日系)に主演する髙橋海人のロングインタビュー&スペシャルグラビアを、それぞれ8ページの大ボリュームで届ける。


舞台作品からは、『ABC座』が10周年を迎えるA.B.C-Z、『少年たち あの空を見上げて』に出演中のHiHi Jets美 少年を代表して髙橋優斗作間龍斗岩﨑大昇藤井直樹、『ヴィンセント・イン・ブリクストン』で若き日のゴッホを演じる正門良規が登場するほか、菊池風磨田中樹がタッグを組む2年目の『DREAM BOYS』リポートをおくる。


ほか、中村倫也池田エライザといった豪華な面々に、本誌ならでの大迫力サイズの美麗グラビア&ロングインタビューで迫っている。


【紙版】『TVガイドAlpha EPISODE GGG』
2022年9月26日(月)発売 ※一部、発売日が異なる地域あり

【電子版】『TVガイドAlpha EPISODE GGG』
2022年10月上旬以降順次配信開始予定


※本記事は掲載時点の情報です。