山田涼介『GINGER』連載で高木雄也をプロデュース リスペクトし合うふたりの関係も必読

芸能総合 公開日:2022/09/20 3
この記事を
クリップ

9月21日(水)全国発売の『GINGER』2022年11月号通常号の表紙には、デビュー15周年、アニバーサリーツアー真っ只中のHey! Say! JUMP 山田涼介が初登場する。


【関連】山田涼介、最高の笑顔にファンから「カッコよすぎる」「高校生みたい」の声



大人の男のカッコ良さと色気を漂わせるワントーンにまとめたスーツ姿は、表紙解禁と同時に編集部にファンから感激のコメントが殺到。さらに10月号からスタートしたHey! Say! JUMPの連載「TAG」では、彼がメンバーの高木雄也をプロデュース。いつもとは違う表情で誌面を飾る。


<自由に髪色が決められるとしたら――「赤」にしてみんなの反応を見てみたい>
2022年、デビュー15周年を迎えたHey! Say! JUMP。アニバーサリーツアー真っ只中であり、「24時間テレビ」でのMCを務め、10月からは今年2作目となる主演ドラマがスタート…と走り続けている山田涼介。止まることなく、すべてに全力投球な彼に、リアルな心境、“現在地”についてインタビューを実施。最近発見した自分の意外な一面は?という質問には「ちょっと疲れていたり、ストレスが溜まっていたりすると爆買いして発散するタイプなんだって気づいた。オンラインショップではなく、いろいろなお店を実際に見て回って、気になったものを買いますね」と回答。また特別号の表紙を飾るGINGERレギュラーモデル川口春奈とは、ドラマ『金田一少年の事件簿』で共演した仲。当時を振り返り、ふたりだからこそのエピソードも披露。


<ワイルド&セクシーなイメージのある高木雄也がラグジュアリーな冬を表現>
Hey! Say! JUMPのふたりがタッグを組み、それぞれをプロデュースする連載「TAG」。1回目は高木雄也が山田涼介に普段のイメージとはがらりと違う“バイカー”を提案。今回は、山田涼介が「冬」をテーマにしてファッショナブルな高木雄也を演出した。彼にしか着こなせないような白のボリュームファーや派手色ダウン、そして冬の夜空を思わせる煌びやかなジュエリーを纏ったビジュアルはGINGER本誌でしか見られない貴重なカットばかり。撮影後の対談では「大人になり、思っていることをメンバーに言えるように」(高木)、「舞台に出ている雄也を観ると、誇らしい気持ちになるよ」(山田)といった、お互いをリスペクトし合い、成長し続けているふたりの関係も必読だ。


そのほかに、巻頭特集の「人生がととのう! 快感レッスン」では、快感を導く、10のヒント提案を初め、田中みな実西野七瀬高杉真宙が、自分にとっての快感の瞬間、心の整え方を語る。さらにGINGERレギュラーモデルの香里奈山田優桐谷美玲、川口春奈、松井愛莉たちの撮影現場に潜入し、彼女たちの美味しい顔をパパラッチしている。



■『GINGER』2022年11月号【通常号】
【発売日】9月21日(水)
【価格】定価 ¥850(税込)
【発行】株式会社幻冬舎

※高木雄也の「高」の字の正式表記は「はしごだか」

※本記事は掲載時点の情報です。