磯村勇斗 30歳を記念した写真集発売、レスリー・キーと5年間「僕が生きた変化の跡」

芸能総合 公開日:2022/09/12 8
この記事を
クリップ

磯村勇斗が、30歳を記念した最新写真集(東京ニュース通信社)を2022年11月4日(金)に発売する。レスリー・キーとの5年間にわたるセッションの軌跡だ。




大作映画からインディペンデント、アート作品まで幅広い分野に出演。2022年は、映画『ヤクザと家族 The Family』と『劇場版 きのう何食べた?』(共に‘21年公開)で第45回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。今年9月に30歳の節目を迎え、名実ともに「実力派俳優」として波に乗る俳優・磯村勇斗が最新写真集をリリースする。


撮影は世界的フォトグラファーのレスリー・キーが担当。写真家と被写体としてこの5年の間に何度もセッションを繰り返してきた2人の数々の作品を一挙大放出。レスリーの世界観の中で完璧な被写体を全うする姿、はたまたシチュエーションによっては“世界のレスリー”を圧倒するほど自身の表現力を爆発させるなど、これまで見たことのない磯村勇斗の魅力が目白押し。2人のアーティストのぶつかり合いは、さまざま奇跡を生み出した。レスリーいわく「写真は無音の映画」――究極の表現に挑戦した一人の俳優の集大成的メモリアルフォトグラフを楽しもう。


11月6日(日)には、東京で発売記念イベントの開催も決定している。


<磯村勇斗 コメント>

レスリー・キーさんと約5年間撮り溜めてきた写真集です。30歳の節目にレスリーとの軌跡。そして、磯村勇斗の軌跡を残すことができ、とても嬉しく思います。僕としてもこの5年間色々な役に挑戦させて貰い、その都度悩み、喜び、様々な景色を見てきました。写真集には、そんな過去の姿が散りばめられています。レスリーのレンズを通して写し出された、僕が生きた変化の跡を堪能して頂ければと思います。


<レスリー・キー コメント>

ハヤトは内面も外見もかっこよくて、美しく
ハングリー精神が旺盛で、表現力の高い、とても情熱的な俳優です。
私が撮りたいもの、私が考えた撮影テーマを、彼はいつも素直に受け止めて
そして、いつも私の想像以上に応えてくれました。
それは写真家にとっていちばん理想的な関係性です。
初めて撮影したときから彼の写真を撮り溜めて写真集を出したいと思い、
5年が経って今回実現できたことを本当に嬉しく思っています。


■『磯村勇斗最新写真集(仮)』

2022年11月4日(金)発売

「磯村勇斗最新写真集(仮) 」(東京ニュース通信社刊)


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)