佐藤健 2023年カレンダーで瀬戸内の旅、日常から解き放たれた表情見せる

芸能総合 公開日:2022/09/06 13
この記事を
クリップ

佐藤健2023年カレンダーの発売が決定。香川県の直島と高松、瀬戸内の2つの舞台を旅した“TRAVELOGUE CALENDAR”(トラベローグ・カレンダー)『Origin』が、9月6日(火)20時より受注開始となった。




瀬戸内海に浮かぶ直島は、佐藤健が約10年前に訪れ、世界的建築家である安藤忠雄氏のドラマティックな建築とその壮大なスケールにインスピレーションを受けた、今回の旅の原点(Origin)のひとつになる場所。そして、初訪問となった高松は、多様な作品を通してボーダーのない世界を伝えたイサム・ノグチや、木の樹齢を超えて永く使われる家具づくりを目指したジョージ・ナカシマといった、その思想を今こそ見つめ直したい、同じく世界的なアーティストたちの足跡が残る場所となっている。



撮影は、独特のブルー(青色)を持ち味とする作品が抽象性と幻想性を感じさせる女性写真家で、アーティストとしても国内外で活躍する細倉真弓によるもの。また、通常より少し大きめのサイズで綴じのない仕様にすることで、気に入ったページを1枚ごとにばらせば、ちょっとしたポスターとしてもピンナップできる仕掛けが施される。36ページのカレンダーは、そのまま2つ折りで飾ることができ、さらには、広げて9枚の両面ポスターカレンダー(H348×W514㎜)として使用することも可能。


コロナ禍で、旅がいまだ簡単ではない時代に、瀬戸内ならではの穏やかな海、その野性的な自然、光と影のコントラストの中で、日常からしばし解き放たれた佐藤の表情を通して、手にとっていただいた方が本来の自分に立ち返りさらなる人生の視界を広げる、なくてはならない旅という原点をも、見つめる機会になればという願いが込められている。


佐藤健 2023年“TRAVELOGUE CALENDAR”(トラベローグ・カレンダー)『Origin』は、「Co-LaVo Official Shop」にて、本日9月6日(火)20:00から受注開始となり、9月23日23:59までが受注期間となる。(※サイトにアクセスが集中して繋がりづらい場合でも、先着順ではなく、期間内であれば申込み可能)


■佐藤健2023年“TRAVELOGUE CALENDAR”(トラベローグ・カレンダー)「Origin」

 【商品概要】
金額:¥3,800(税込)
スクラム製本:表紙・裏表紙+34ページ/2023年1月1日~2023年12月31日
サイズ:H348mm×W257㎜/H348×W514㎜
※サイズ表記は概寸です。
※画像はイメージです。実際の商品とは仕様や色味が若干異なる場合がございます。予めご了承ください。
※デザイン、仕様は予告なく変更となる場合がございます。

【予約受注期間と方法】
受付先:Co-LaVo Official Shop 
受注期間:2022年9月6日(20:00) ~ 2022年9月23日(23:59)
発送予定:2022年12月末配送


→佐藤健2022年カレンダーについてはこちら

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ