『別冊カドカワScene』最新号、三山凌輝(RYOKI)表現者としての魅力に迫る20ページ

芸能総合 公開日:2022/09/02 4
この記事を
クリップ

エンタメカルチャー誌『別冊カドカワScene』の最新号が現在発売中。



最新号『別冊カドカワScene 11』の巻末特集には、映画『HiGH&LOW THE WORST X』に出演し、BE:FIRSTのメンバーとしても注目を集める三山凌輝RYOKI)が登場。俳優/アーティストとして活動する三山凌輝(RYOKI)の表現者としての魅力にスポットを当てた内容になっている。これまでのさまざまな活動の中で、表現することの楽しさや難しさと真摯に向き合ってきた三山凌輝(RYOKI)が、どんな答えに辿り着いたのかーー彼の現在地に深く迫っているロングインタビューは必見。


また、特別企画「オレが好きな三山凌輝」では、映画『HiGH&LOW THE WORST X』共演者・吉野北人THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)と中本悠太NCT 127YUTA)、昔から三山を知る存在として、過去に舞台や映画で共演した松田岳とTAKA(CUBERS)が登場。4人から見た三山の魅力、「三山を漢字1文字で表すならば?」などの問いに答え、コメントを寄せている。


今号は、5人組YouTuber・コムドットのメンバーであるゆうたが表紙に登場。単独での表紙は初となり、ゆうたのパーソナルな部分やルーツに迫ったテーマでの1万字ロングインタビューや、ジャケット姿などファッショナブルな撮り下ろしカットが満載。さらに、佐野玲於GENERATIONS from EXILE TRIBE)が関係の深いゆうたについて語るコーナーも掲載されているなど、大ボリュームの30ページ特集となっている。


さらに、コムドット やまとが話題の著書『アイドル2.0』を語るロングインタビュー企画、TVアニメ『アオアシ』特集に声優・江口拓也 × 西山宏太朗のクロストーク、『アオアシ』を語る企画として佐野雄大INI)/ 眞嶋優が登場している。そのほか、川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、板垣李光人ロバート秋山竜次、男澤直樹、柿原朋哉らの特集、山本舞香 × 桜井日奈子ヒコロヒー×宮嵜守史(ラジオプロデューサー・ディレクター)の特別対談も掲載。



■「別冊カドカワScene 11」概要

【誌名】別冊カドカワScene 11

【発売日】2022年8月30日

【定価】1430円(税込)

【発行】KADOKAWA


【表紙 & 30ページ特集】

コムドット ゆうた

独占撮り下ろし+1万字インタビュー

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)