中本悠太(NCT 127)『AERA』表紙とインタビュー「自分たちが一番かっこいい」

芸能総合 公開日:2022/09/02 11
この記事を
クリップ

9月5日発売のAERA9月12日号は、 表紙にNCT 127中本悠太が登場。


16歳で単身、韓国に渡り、NCT 127のメンバーとして、 世界を股にかけて活躍する悠太。経験を重ねてきて、肩の力が抜け「自分たちがいちばんかっこいいという気持ちが強くなった」と語る。蜷川実花撮影による、光をバックにした“旬”が詰まった写真は必見。


表紙を飾ったNCT 127の中本悠太は、 映画『HiGH&LOW THE WORST X』で本格的な演技に初挑戦した。 印象的だったこととして「現場が温かかったこと」を挙げる。


【関連】三山凌輝(BE:FIRST)、親友 中本悠太(NCT 127)とは「馬が合いすぎ」豪華コラボに「芸能界が変わる」


16歳で韓国に渡った悠太は「日本で高校に通っていたら、こんなふうに友達とじゃれ合ったり、喧嘩したりしていたかもしれない」と、“青春”を感じたそう。たくさんの人がかかわって相乗効果を出すことでチームとしての力が増す。その素晴らしさを今回の映画でも、NCT 127の活動でも感じていると明かす。


以前は「自分をさらけ出せない部分があった」と語るが、今は肩の力が抜け、「自分たちが一番かっこいい」「自分の気持ちに正直にいよう」という気持ちが強くなっているそう。光をバックに、花とコラボレーションした蜷川実花撮影の表紙と中面カラーグラビアには、悠太のかっこよさが詰まっている。 


月2回連載「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は、町スナップをライフワークとしている写真家の大西みつぐさんを新たな先生にお迎え。2人で下町の裏路地を歩きながら、再開発で変わりゆく「町の記憶みたいなもの」、「空間の持つ味わいみたいなものを表現する」ことに挑む。撮りたいものをたくさん発見し、「やばない?」と興奮する向井に、「向井さんが言うやばい、っていうのは、絵になる、っていう先天的な勘がある」と大西さん。「いまだと“映(ば)える”とも言うんだろうけど、けっしてきれいなものだけが映えるわけじゃない」と語る大西さんから、さまざまなことを学んでいく。


連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、松下とゲストの林遣都が「役作り」について語り合う。ともに駅伝部員を演じた経験のある2人は、「ずっと走っていた」時期を振り返りながら、役との向き合い方について深くて濃い会話を交わす。「役を守ろうとする」ことについてどう対応するか、それぞれのこだわりや考え方をぶつけ合う。全4回の対談のうちの3回目。クライマックスに向けた対談の盛り上がりをお楽しみに。


▼関連記事


AERA(アエラ)2022年9月12日号
定価:440円(本体400円+税10%)
発売日:2022年9月5日(月曜日)

※本記事は掲載時点の情報です。