眞栄田郷敦『GINGER』表紙に初登場 編集部から熱烈なラブコールを送り続け実現

芸能総合 公開日:2022/08/23 8
この記事を
クリップ

8月23日(火)全国発売の『GINGER』2022年10月号(幻冬舎)の通常号の表紙には、眞栄田郷敦が初登場。

【関連】眞栄田郷敦『カラダ探し』で橋本環奈のクラスメイト役 緊張と恐怖襲いかかる特報映像も解禁



2022年1月号セクシーなイケメン企画で誌面に登場すると、「今までに見たことない表情」「大人の郷敦もたまらない~」というコメントが続々と寄せられた。その後も編集部から熱烈なラブコールを送り続け、初のカバー撮影が実現。また特集は「365日、韓国沼。」をお届け。第四次ブームを経て、もはやスタンダード、私たちを夢中にさせている“韓国愛”について探る。さらにHey! Say! JUMPのふたりがタッグを組み、それぞれがプロデュースする新連載「TAG」もスタートした。


<眞栄田郷敦の海辺で過ごす夏休みをクローズアップ>
ドラマ『プロミス・シンデレラ』では恋をして成長する生意気だった高校生を、地上波連続ドラマ初主演を務めた『カナカナ』では凶悪顔で腕っぷしは強いけれど純粋な心を持つ元ヤンを演じ、作品ごとにまったく異なるキャラクターで魅了、俳優として存在感が増し続けている眞栄田郷敦。『GINGER』では2022年1月号に登場。編集部には再登場を望むメッセージが届き、それを受けて編集部がリクエストを続け今回の表紙が実現した。ビジュアルカットは海の魅力を存分に味わって育った彼の夏休みを連想させる、さまざまなシーンを10ページにわたり展開。インタビューでは、幼いころ家族と過ごしたL.A.や京都での思い出、熱中した部活動、撮休日の過ごし方、そして「今は“てっぺん”を目指さなくていいかなと思える自分がいる」という俳優業についてもじっくりと話してくれた。さらに、今号だけではすべてを語り尽くせなかったため、2号連続での登場が決定。10月からの新・月10ドラマ『エルピスー希望、あるいは災いー』、10月14日公開の映画『カラダ探し』のこと、そして役者としての自分について語るスペシャルインタビューを次号『GINGER』11月号にて掲載予定。


特集では、2022年、今この瞬間に巻き起こっている韓流ブームを大調査。


K-POP”を溺愛している山田優、“オルチャンファッション&食文化”に情熱を注ぐ高橋愛、“キレイになるモノと旅”に熱狂している三吉彩花。三者三様の「韓国沼」は必見。そして作詞家・小竹正人をはじめ、韓国ドラマにハマったプロフェッショナルが推薦する韓ドラ解説39選は、読むだけで沼へ引き込まれてしまうはず。さらに、必ず推しが見つかる韓流イケメン、最新の韓国カルチャー、そして話題沸騰中のドラマ『六本木クラス』がなぜ生まれたのか…など、充実のコンテンツ。一度ハマったらきっと抜け出せなくなるけれど、濃厚で奥深く、体温をグンと上げてくれる熱き“韓国沼”を覗いてみては。
・韓国沼今昔物語
・韓国沼にハマった女たち 山田優 高橋愛 三吉彩花
・やっぱり最強! 韓国コスメ
・「韓国ドラマ」の世界へようこそ
・推しが見つかる韓流イケメンドラマ
・ドラマ「六本木クラス」はなぜ生まれたのか and more


また今号からスタートしたHey! Say! JUMPの新連載「TAG」。第一回目はアーティストとしてはもちろん、ドラマや映画、YouTuberとして大活躍の山田涼介が登場。メンバーの高木雄也が山田涼介に掲げたテーマは“バイカー”。これまで見せたことのない、ワイルドでクール、大人の顔が誌面に登場している。そして、ふたりの意外な関係性も。


レギュラーモデルや著名人による本誌ならではの連載も充実。香里奈連載「今、できること」では、話題のアール・ブリュット2022巡回展「かわるかたち」を訪れ、生の芸術、アール・ブリュットの世界を紹介。桐谷美玲連載「Emotional」では、夏の定番クールスポット、プールを舞台に鮮やかブルー×ヴィヴィッドカラーのヴィジュアルを披露。実は泳ぎの達人…というエピソードも語られている。川口春奈連載「WAN for ALL!」には、小型犬のジャックラッセルテリア2匹が出演。運動量が多くちょこまか動く2匹に、もともと大型犬が好きだった川口も夢中になっていた。一言一句、こだわりの言葉で綴る田中みな実の連載エッセイ「ここだけ話2022」の今回のテーマは、“大人の伝言ゲーム”。常に注目されているからこそ体験したエピソードには、彼女の本音がたっぷり含まれている。作詞家として活躍中の小竹正人による「泥の舟を漕いできました」には、前号で掲載されていた町田啓太とのオフショットの真相について公開。そのほか作家・山田詠美、タレント・壇蜜、美容家・神崎恵、女優・松本まりか、フリーアナウンサー青木源太のエッセイも継続。自分力を高め、人生が好転するキーワードをたっぷりお届けする『GINGER』10月号だ。



■『GINGER』2022年10月号 通常号
【発売日】8月23日(火)
【特別定価】¥850(税込)
【発行】株式会社幻冬舎

※高木雄也の「高」の字の正式表記は「はしごだか」

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)