吉田朱里 バースデーイベントで6つのお知らせ、ブランド立ち上げも「今日まで黙ってました」

芸能総合 公開日:2022/08/19 9
この記事を
クリップ

今月16日に26歳の誕生日を迎えたモデルの吉田朱里が、8月18日に大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA SSホールでファンクラブ限定イベント『Akarin Birthday party 2022』を開催した。



開始時間となり、ステージに登場した吉田朱里は、「こんにちは。ようこそ『Akarin Birthday party 2022』へ!吉田朱里です。26歳を迎えました。ファンの方の前でバースデーイベントを開催することができて本当に嬉しいです」と挨拶。


最初のコーナーは「プレゼント抽選会」。ピーチジョンのボムバストクリーム・ヒップヒップルン、B IDOL THEアイパレ、むっちリップ、イージーeyeライナー、ReFaのカールアイロンとロックオイル、SABONのフェイスポリッシャーとボタニカルウォーター、シャワーオイルとボディスクラブ、ヘッドスクラブとヘアビネガー、レバレッジのクレイコーヒーといった商品を、なんと115名にプレゼント。


続いて、“6つのお知らせ”を発表。このコーナーのみ、吉田朱里の公式YouTubeチャンネルでもライブ配信された。1つ目は、吉田がプロデュースを手がけているカラコンブランド“melotte”の新色発売決定。「新色が発売になります。裸眼っぽくて使いやすい色のミルクパフと、ちょっとちゅるんと韓国っぽい色のパールリングの2色が出ます!こちらは秋頃発売になります」と説明。価格は10枚入りで1793円(税込)を予定。他に、8月18日からモアコンタクトにて1箱購入で2枚入り4色セットが付いてくる“誕生日キャンペーン”もスタートしている。


2つ目はファッション誌『VoCE』からメイク本が10月19日(水)に発売決定。ビジョンで表紙ビジュアルも公開された。「内容は、自分っぽいことがしたいなと思いました。YouTubeで“元彼に会いに行く時のメイク”とか“推しに会いに行く時のメイク”とか、シチュエーションメイクをやっていて、たくさんの方に見ていただけていると思うので、それを1冊、本にしました」と、これまでのフォトブック、メイク本とはまた違う内容になっていると伝えた。


3つ目はファッションブランド“dazzlin”とのコラボ商品の発売。こちらは発売に先駆けて、秋物の肩出しニット、ワンピース、袖が取り外し可能なダウンジャケット、スカートなど、実物をステージ上で見せながら紹介。8月26日(金)19時からインスタライブで詳しい商品紹介が行われる予定となっています。9月1日にウェブでの予約も開始されます。ダウンジャケットのみ、8月27日(土)・28日(日)に梅田エスト店にて予約が可能となる。「お洋服のブランドはNMB48卒業と同時に終わっちゃったから、またやりたいなとずっと思っていました。でもブランドを持つというのはちょっと違うかなと思っていたら、コラボさせていただくという素敵な機会を得ました。普段皆さんが着やすいアイテムで、自分らしいこだわりもたくさん入れました」と今回のコラボへの思いを語った。


4つ目はPEACH JOHNとB IDOLのコラボリップ発売。「今年、PEACH JOHN BEAUTYのミューズとして活動させていただいてるんですけど、その活動の一環としてコラボさせていただくことになりました。つやぷるリップの人気No. 1カラーの“すっぴんCLEAR”がPEACHJOHN限定パッケージと香りで発売。「パッケージはPEACH JOHNカラーで香りはピーチの香りにしました」と紹介しました。10月26日(水)WEBとストア限定で発売予定。価格は1540円(税込)。5つ目がB IDOLの新商品「1 moreペンシル」発売。「メイクに“あとちょっと”を足したいをコンセプトに作りました。01番と02番はリップペンシルで、オーバーリップが簡単に作れます。03番と04番は部分用ハイライト。鼻をちょっと高くしたいとか、ここにツヤを出したいなと思う時に使えます」と説明し、8月22日(月)19時からYouTubeチャンネルで生配信で詳しく紹介される。


6つ目がアクセサリーブランド“anchelion(アンシェリオン)”立ち上げ。「毎日着けるぐらいアクセサリーが大好きで、皆さんとお揃いにしたいという純粋な気持ちでやらせていただくことになりました。元々使っていた好きなブランドさんの会社と作れることになったので楽しみです。ポップアップも予定しています」と、立ち上げのきっかけを話しました。こちらは10月頃の発売を予定している。


「早く言いたくて。でも誕生日イベントで発表したいと思っていたので今日まで黙ってました。NMB48を卒業したら活動の幅が狭まってしまうかなって思ったりしました。“大丈夫”と思って卒業をしたけれども、やっぱりグループの看板は大きいので不安になることもありました。でも、皆さんが応援してくださって、私がプロデュースしているアイテムを使ってくださったから、今年もいいお知らせがいっぱいできました。皆さんには感謝をしております」と感謝の気持ちを笑顔で伝えた。


「今年の誕生日イベントに何やろうかな?って考えた時に、“歌手じゃないから歌って踊るのも違うしなぁ”って思って、一番私が物足りなく感じているのが“握手会がなくなったこと”だったんです。毎週のように皆さんと会って話していたのに、会えなくなっちゃったから。皆さんに喜んでもらえたらいいなというのはもちろんですけど、私がみんなと話したいなと思ったので、“お話会”をさせていただくことになりました。楽しい時間になったら嬉しいです」と気持ちを伝え、イベント後半は「お話会」を行った。


©Showtitle



▼昨年のバースデーイベント

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)