「夢プロレス」新ミッション ガチ相撲対決、水着姿で躍動するボディに釘付け

芸能総合 公開日:2022/08/07 10
この記事を
クリップ

プロレス未経験の女子が、夢を叶えるためにプロレスに挑戦。様々なミッションで競いあい、最終的に1位となった者のみ夢を叶えることができる、Cyber Fightの新プロジェクト「夢プロレス -dream on the ring -」。



集まったのは、タレントの上原わかな、ダンサーのエマ、グラビアアイドルの真中ひまり、タレント・グラビアアイドルの凛咲子の計4名。共通点は、芸能で挫折を味わったことがあるということ。このチャンスを逃してたまるかとプロレスの世界に飛び込んだ4人の姿に密着したドキュメンタリー番組。その最新作となる「誰が一番強いのか?ビーチで水着ガチ相撲!」が、5日配信開始となった。


現在獲得ポイント順では、上原が単独トップ、以下、真中、凛咲子、エマが同点で並んでいる。交流を深めるため海へとやってきた4人。グラビアアイドル真中、凛咲子をはじめ、水着姿がセクシー超キュート。ビーチバレーをしたり、アイスを選ぶのにジャンケンをしたりと意外と仲の良いところをみせている面々だが、相撲対決となると、今までも和気あいあいさを払拭。まずは凛咲子VS上原わかな戦。白肌のぶつかり合いの末、押し出して凛咲子の勝ち。


バーレスク東京で相撲をやっていたが勝率が悪いというエマ VS 親戚に力士がいるという血筋で勝負の真中の対決では、なかなか体制が崩れない真中の一瞬の隙をついて、上手投げでエマが勝利。


凛咲子VSエマの決勝戦は、土俵中央での激しい主導権争い、土俵際まで攻めるエマだが、なかなかの粘り腰でなかなか勝負がつかず長期戦の末、すくい投げで凛咲子の粘り勝ちとなった。


真中は「お互いライバルではあるのですが、一緒にプロレスをやる仲間でもあるので海の回で距離も縮まり信頼関係も築けたのではないかと思います! 」と振り返った。


試合後はサウナで汗を流しながら語るプロレスへの本音が興味深いので、ぜひ本編で確認してほしい。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)