King & Prince平野紫耀、高橋海人、岸優太「一生乗っていられる!」笑顔で41台のバイク・車と一斉走行

芸能総合 公開日:2022/08/05 3
この記事を
クリップ

King & Prince平野紫耀高橋海人岸優太が出演する本田技研工業のコミュニケーションプロジェクト「Honda ハート」の新TVCMが8月5日(金)に公開された。


「Honda ハート」の第3弾CMとなる今回の「Honda ハート Honda はどっちも創りたい。」篇のテーマは、「日常の役立ち」と「非日常のワクワク」のどちらも創るHonda の姿。暮らしに役立つバイク・クルマから、普段は味わえないワクワクを感じるレーシングマシンまで、Honda が創る様々なバイク・クルマ合計 41 台が一斉に走行。様々なシーンで Honda が多くの方々の役立ちやワクワクを創っていることを表現している。平野は NSX-GT3 や GYRO e:、高橋はBENLY e: I や新型の CIVIC TYPE R、岸は GB350 や Honda e を運転し、実際に北海道にある Honda のテストコースを走行した。



CM は、41台もの Honda のバイク・クルマが一斉に走っているシーンから始まる。先頭を務めるのは、平野が運転する NSX-GT3、高橋が運転する BENLY e: I 、岸が運転する GB350。3 人が先頭を走り、率いていくシーンは圧巻。King & Prince メンバーを筆頭に、全員が運転を楽しむうちに笑顔がこぼれ出て行く様子も必見。バイク・クルマの走行シーンはドローンとカメラカーで撮影し、隊列の規模感、壮大さを表現した。レーシングマシンであるフォーミュラカーと学生が運転するスーパーカブ、スポーツモデルの新型CIVIC TYPE R と配達でよく使われる GYRO CANOPY e:など、暮らしに役立つバイク・クルマと普段は味わえないワクワクを感じるバイク・クルマが並んで走るという、通常の道路であればありえない走行シーンによるギャップを表現している。


「乗るもの全部欲しくなっちゃう!」「一生乗っていられる」北海道にある Honda のテストコースで行われた撮影では、ロケバスから降りた瞬間41 台の Honda のバイク・クルマに出迎えられ、King & Prince の 3 人は終始大興奮。撮影の合間に、各々が自分の好きなバイク・クルマに乗車してははしゃいで、高橋は「全部欲しくなっちゃう~」という様子も。平野と岸は GYRO e:がお気に入りになり「一生乗っていられる!」と空き時間はひたすら乗り続けて楽しんだ。最後には高橋は「帰りたくない~」と名残惜しい様子を見せた。


今回、平野は初めてのレーシングマシン運転となるため、撮影前日に個別講習を経てから撮影に臨んだ。レースが大好きだという平野は、Honda のプロのライダーやドライバーとレースに関する会話を楽しむ様子も。バイクの走行が久しぶりだという岸も最初はレクチャーを受けぎこちない様子を見せるも、撮影が進むにつれ「これはもう僕のものです!呼吸がつかめてきました」と慣れて楽しむ様子を見せ、高橋は新型の CIVIC TYPE R を運転し、マニュアル運転での走行に「楽しい」と思わず笑顔がこぼれてしまう様子も。全く違うタイプのバイク・クルマが隊列となって一斉に走行することは難しく、テイクを繰り返す中でもKing & Prince メンバー3 人が自然と楽しそうに運転をする様に、周りのライダーやドライバーの方もつられて笑顔を見せた。



これまで白いつなぎで登場してきた King & Prince メンバーだが、今回は背中に大きなハートが描かれたオリジナルジャケットを身に纏って登場。また、平野は NSX-GT3 を運転するために、特注のレーシングスーツを着用している。3 人の新しいビジュアルもぜひご覧いただきたい。



―――撮影において苦労した点や一番テンションが上った瞬間を教えてください。

平野「NSX-GT3 の運転が難しかったです。普通の乗用車と違うので、操作性が難しかったです。前日に練習させていただき、本番に臨みました。普通はクルマに乗るっていう感覚なんですけど、完全にクルマに乗られている側になり、今まで味わったことがない経験ができて、テンションが上がりました。発進もぎこちなかったりして、撮影を一瞬止めかけたけど、苦労しながらも楽しむことができました。どうですか高橋さんは?」


高橋「Honda のクルマが勢ぞろいの中、一番先頭で走る重圧はありました。バイクも久しぶりの運転の中、NSX-GT3 と並走するというのも緊張しました。一番テンションが上がったのは、3 レーンが 1 レーンに重なるとき、紫耀が乗っている NSX-GT3 の真後ろを走る経験はなかなかできないぞと思い、一人で勝手にめっちゃ笑顔になっていたので、そこを使ってほしいです(笑)」


―――印象に残ったバイクやクルマはありますか?

高橋「僕はありますよ!e ちゃんですね!Honda e!本当に技術がすごくて、サイドミラーもモニターになっていて、すごいコンパクトで乗りやすくて、なにより見た目がめちゃくちゃかわいい!すごい小回りも利くし、スピードも出るし、コンパクトカーなのに、スポーツモードもあって、これからの未来が楽しみになるなって思い、一目惚れでした。」

平野「発売前のシビックにも乗っていたよね。」

高橋「シビックすごいよ、音気持ちいいし、運転しているときもヌルヌル(笑)ヌル―――ンっていくから(笑)マニュアルがすごい楽しい。シビックに乗って、マニュアル心をくすぐられました。」

平野「僕は GYRO e:!休憩時間ずっと乗っていたんだけどすごく楽しかったです。」

高橋「音がほとんどしないんだよね。」

平野「すごいんだよ!ん―――ってくらいで(笑) ちゃんと加速も安定感もあるし、後ろに沢山荷物を載せてても、パワーがすごくあるから発進もバックもスムーズにできて、すごく楽しかったです。」

岸「仕事も GYRO e:だとより円滑に回るよね!」

平野「将来配達とかも GYRO e:が主流になっていったりするのかな」

高橋「未来を感じるよね」


―――バイク好き、クルマ好きの方々に伝えたい Honda の魅力を教えてください

高橋「今回撮影させていただいて思ったのは、Honda ハートという通り、みなさんのハートが熱い。研究や作っていくことに対する、お客さんに向けての心が熱くて、温かいから、普段僕たちが心地よく乗れていることに繋がっているんだろうなと実感しました。」

平野「Honda のみなさんもバイクとクルマへの愛がすごくて、作業として作っているわけではなく、一つ一つのバイクやクルマに愛を込めて作っているからこそ、世間のバイク好き、クルマ好きのみなさんが欲しかったポイントをしっかり押さえていて、魅力を感じました。」

岸「日常に花が咲くというか、よりハピネスになるというか」

平野「ちょっと、自分で言いながらニヤニヤするのやめてよ(笑)」

岸「僕はバイクに乗った時も、NSX に乗った時も、ただの移動ではなくて楽しい移動になるし、仕事でもより効率の良いお仕事ができたり、Honda の乗り物で今までの日常を変えられる気がしました。」


―――最近、起きたバイクやクルマに関するニュースを教えてください。

高橋「近くのスーパーに行くときも乗ってしまいます。正直歩いたり、自転車で行ける距離なんですけど、車に乗っている自分というのを楽しみたくなって、短い距離でも乗ってしまいます。」

岸「わざわざ乗っちゃうよね。」



※本記事は掲載時点の情報です。