大原優乃 グラビアへの本音を赤裸々告白、感動の声多数

芸能総合 公開日:2022/07/29 11
この記事を
クリップ

女優・グラビアアイドルとして活躍中の大原優乃が、自身のYouTubeチャンネルにて初めて「グラビアへの本音」を赤裸々に語った。



大原といえば、2009年にダンス&ボーカルユニットDream5のメンバーとして芸能界デビューを果たし、人気アニメ『妖怪ウォッチ』のエンディングテーマ『ようかい体操第一』が社会現象に。同年のレコード大賞や紅白歌合戦にも出場している。


ソロになり、2017年に『週刊プレイボーイ』にてグラビアデビューを果たすと、その童顔と健康的な肉体美で瞬く間に人気を博した。その勢いは増したまま、2019年には1年で最も多くの雑誌の表紙を飾った女性タレントとして「カバーガール大賞」のグランプリを獲得。グラビア界での人気を不動のものとした。今もなおグラビアクイーンとして活躍し続けるそんな彼女が、初めてグラビアへの本音を赤裸々に語った。


時折お茶目な一面を見せながらも、いつになく真剣な表情で語る大原。

孤独や過去の自分との葛藤など、悩んだ時期もありながら、自らその壁を乗り越え進化し続けようとしている彼女の姿勢に、視聴者からは「グラビアに真摯に向きあっている姿に感動した」「プロ意識とグラビアへの愛が溢れている」「優乃ちゃんのグラビアは唯一無二」と絶賛のコメントが届いている。


彼女が今後どんなグラビアを見せてくれるのか、輝き続ける姿に目が離せない。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ