中村倫也「僕は想定外のことが好き」 自身は羽男と違うタイプ?

芸能総合 公開日:2022/07/27 29
この記事を
クリップ

俳優の中村倫也が、7月28日(木)発売の『25ans』(ハースト婦人画報社)9月号に登場する。




変幻自在な演技力で、作品によってまったく違う印象を与える中村倫也。金曜ドラマ『石子と羽男―そんなコトで訴えます?―』(TBS系)では、“羽のように軽やか”をうたう弁護士を演じて、新たな顔を見せている。



<インタビュー抜粋>

――ひとりの人間としての中村倫也はどんなタイプだと思いますか。

「自分もわりと気ままに生きてますかね。役柄の羽男と違って、僕は基本フラットなので、日々の感情の振れ幅も限りなく小さい。(後略)」


――想定外のことが起こった時の対処法は?

「面白がることじゃないですかね。僕は想定外のことが好きですし、そもそも想定外のことを起こしたくて、この仕事をしているところがあるのでね。(後略)」


なお、今号の表紙には女優の今田美桜が初登場している。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)