『ちむどんどん』黒島結菜×宮沢氷魚の対談や仲間由紀恵へのインタビュー、ガイド発売

芸能総合 公開日:2022/07/25 11
この記事を
クリップ

女優の黒島結菜がヒロインを演じる連続テレビ小説ちむどんどん』。このたび発売の『NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 ちむどんどん Part2』(NHK出版、2022年7月25日刊)は、一流の料理人を目ざし沖縄から上京、周りの力も借りながらさまざまな問題や課題をクリアーし成長を続ける、おいしいものが大好きな女の子の夢に向けた頑張りを、恋の行方も交え紹介する。



本書は、これまでのストーリーの振り返りとともに、黒島結菜と宮沢氷魚による対談、ヒロイン暢子たち4兄妹の母親・優子役を演じる仲間由紀恵への特別インタビューを実施するなど、ドラマの撮影話やその舞台裏の情報が満載。


そのほかにも、前菜、パスタ、メインからまかないまで暢子が勤める銀座のレストラン「アッラ・フォンターナ」の料理紹介、やきもきする関係が続く暢子の姉夫婦 石川夫婦の徹底取材、鈴木保奈美が演じる暢子の最大の敵として登場する和彦の母親役・青柳重子の紹介、恋の行方が気になるニーニー(賢秀)と清恵、歌子と智との関係、ドラマ・ガイドPart1で好評だった制作陣+黒島結菜、宮沢氷魚による座談会Part2といった多彩な企画に加え、ドラマシーン写真やロケでのひとこま、撮りおろし写真を多数掲載している。


沖縄の本土復帰50年を記念するドラマのタイトル『ちむどんどん』は、沖縄の言葉で「チム(肝=心)が高鳴る様子」「胸がドキドキする」という意味。脚本の羽原大介は、「この作品に限らず、僕は普遍的な人間愛が真ん中にある作品を描いていきたいんです。愛することや、信じることを恐れずに生きてくことのすばらしさというか」(NHKホームページより)と語る。この夏、本書と朝ドラで“ちむどんどん”しよう。


■『NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 ちむどんどん Part2』

2022年7月25日発売


▼関連記事

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)