SixTONES 京本大我 “恋わずらう一夜”を表現『anan』初ソロ表紙で艶めく魅力全開

芸能総合 公開日:2022/07/25 5
この記事を
クリップ

SixTONES京本大我が8月3日(水)発売の女性グラビア週刊誌『anan』の表紙に登場する。






8月2日に開幕するオリジナルミュージカル『流星の音色』では、主演と音楽を務め、そのクリエイティブな才能にますます磨きがかかっている京本大我。SixTONES として、アーティストとして多彩な活躍で魅せる京本が、同誌ソロ表紙に初登場。特集は今の状況下のライブエンタメの最前線をクローズアップする「熱狂の現場 2022」。

圧倒的な美しさの中、透明感溢れる歌声と繊細な表現力、そしてエンターテインメントへの深い愛情を兼ね備える京本は、まさに人々を“熱狂”させる真の表現者。アーティストとして、作り手としてはもちろん、時にはエンターテインメントを愛する一ファンとして...様々な立場で”熱狂“の現場に携わる京本だからこその特集。2022年、夏。日々変わる状況の中で、模索しつつ歩んでいるライブエンタメ界の中で、表現者として熱い愛を持って前に進んでいく京本の、真摯な想いの詰まったインタビュー&グラビアは必見。


今回の撮影テーマは、“恋わずらいの一夜”。熱い想いの中で、帰宅してネクタイを外す瞬間、ソファでくつろぐ瞬間、シャワールームで水に濡れる瞬間、眠りにつく瞬間...いかなる時も愛する相手を想ってしまう...そんな艶めきを、京本が見事に表現した。儚くも美しい、ドラマティックな一夜をお楽しみいただきたい。

頭の先から指先まで、全てが美しい、京本の 5 つの“美”を表現。まずは、京本の“素”の美しさを捉えるべく、シルクパジャマを纏いベッドでまどろむ姿、そしてフェミニンなブラウスで屋上にて空を仰ぐ姿を撮影。京本ならではの中性的な魅力が漂う、アンニュイな表情を覗かせてくれた。続いて“アダルト”な美しさを引き出すべく、黒と白の相反する世界へ。重厚な雰囲気のブラックスーツスタイルは、問答無用の格好良さ。自身の首からネクタイを外し、手や口元に寄せて弄んで…、心地よい緊張感へと誘う。一転して透け感のあるホワイトシャツの装いでは、シャワールームに場所を移し、頭の先から上体まで“びしょ濡れ”状態に。髪の毛やシャツに滴る水滴が、切なさを一層掻き立てる。最後は、オーバーサイズのノースリーブで“ポップ”な美しさを披露。カラフルなスタイリングに、アクセサリーの重ねづけという新鮮なスタイリングを、ファッショナブルに着こなしている。


インタビューでは、熱狂させるステージパフォーマンスを届けるために京本が意識していることはもちろん、様々なエンターテインメント作品への愛情も直撃。京本が考える、いま現在のSixTONES の絆や関係性についても聞いた。撮影後には「anan の表紙は、限られた人が飾れる特別なステージ。今までグループでは飾らせてもらったことがありますが、今回ソロ表紙のバトンを繋げられて嬉しいです。撮影自体はリラックスした状態で楽しみながら臨めて、素の自分を出せたと思います」と語った。

※本記事は掲載時点の情報です。