SixTONES京本大我、主演ミュージカルでの苦労吐露も「おもしろさも感じました」

芸能総合 公開日:2022/07/22 8
この記事を
クリップ

7月25日発売の『AERA』8月1日号は、表紙にSixTONES京本大我が登場。オリジナルミュージカル『流星の音色』での挑戦や、間もなく公開の映画『TANG タング』で、事務所の先輩である二宮和也と共演したことで得られたことについて語った。前号から始まった連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、井浦新をゲストに迎えた2回目。松下から最近の悩み相談も飛び出した。




京本大我は、ミュージカル『流星の音色』で主演兼音楽を務めたことについて、「曲を生み出すことと、演じる仕事との両立は、まったく違う引き出しを使うので苦労しました。締め切りがあるとこれほど追われる気持ちになるのかという厳しさも感じました」と、素直に吐露する。ただ、「すべてが自分の手にかかっているので、自分で挑戦するおもしろさも感じました」とも。8月2日からステージに立つことについては、「一日一日、全力で役に向き合っていきたい」と、熱い思いを語った。


また、映画『TANG タング』で二宮和也と共演したことについては、これまで数々の作品を視聴者として見てきただけに、「まさか対面でお芝居をさせていただく日がくるとは思いませんでした」と言う。この映画撮影を通して「この世界にもっと飛び込んでいきたいという意欲に火をつけてくれた作品になった」と語った。表紙、中面ともに撮影は蜷川実花。星空をイメージしたセットに白いスーツでスッと立つ京本は、まさにステージで演じているよう。引き込まれる写真の数々、必見だ。

【関連】二宮和也の急な塩対応に、後輩 SixTONES京本大我戸惑う


スタートしたばかりの大人気連載「松下洸平 じゅうにんといろ」は、ドラマ『最愛』で共演した井浦新との対談の2回目。俳優業にとどまらない、二人のアーティスティックな活動について話が広がる。そんななか、松下は「僕は今、自分について考える余裕がなくなっているかもしれない」とポロリ。「余裕」をめぐる二人の深い話が続く。二人の信頼関係が詰まった対談、ぜひ誌面で確かめてみては。



■『AERA(アエラ)』2022年8月1日号
【発売日】2022年7月25日(月曜日)
【定価】440円(本体400円+税10%)

※本記事は掲載時点の情報です。