AAA宇野実彩子、4年ぶり写真集に込めた思い「全方位にありがとうを伝えたい」

芸能総合 公開日:2022/07/16 12
この記事を
クリップ

AAA宇野実彩子が16日、都内で行われた写真集『All AppreciAte』(講談社刊)の発売記念フォトセッション・囲み取材に出席した。



この日、36歳の誕生日を迎えた宇野は、ファンとの誕生日イベントの合間に囲み取材に応じ、イベントの1部を終えての感想を求められると「5000人もの方が私の誕生日をお祝いしていただいて、なんとも贅沢なバースデーパーティだなと思って、36歳の好スタートを切れてすごく幸せです」と声を弾ませ、36歳で新たに挑戦したいことについては「改めて音楽と向き合う時間をたくさん設けて、もうちょっと自分の音楽性を高めていけるような1年にしたいなと思っています」とコメント。自身に誕生日プレゼントをあげるなら何をあげたいかとの問いには「私は旅行が好きなので、今は温泉旅行ですかね。源泉掛け流しの温泉に行きたいです(笑)」と願望を吐露した。


また、同写真集が発売しての感想を聞かれると「本当に大事に撮影をして、打ち合わせを重ねて大事に作った作品なので、発売前から重版していただいたりして、たくさんの方が待っていてくださっているんだなってすごく嬉しかったですし、出来上がりも自信作で、今をギュッと詰め込んだ1冊になっているので、それがみなさんのお手に届くと思うと嬉しいなと。みなさんが見ているところを想像しています」と目を輝かせ、タイトルの意味については「AppreciAteは“ありがとう・感謝する”なんですけど、私の音楽活動は1人じゃ何もできないので、ファンのみなさんやチームのみんなをはじめ、16年間AAAの活動をやってきて、AAAで出会ったメンバーももちろん、スタッフもファンのみんなももちろん、全部ひっくるめて全方位にありがとうを伝えようという気持ちを込めて、このタイトルにしました」と説明した。


加えて、同写真集の見どころを尋ねられた宇野は「撮影中は気張らず、背伸びもせず、今までで1番自然体かなと思うので、35年の歩みをしっかりと残せたかなと。そういうところですかね」としみじみと語り、お気に入りにはベッドで横たわっている写真を挙げ「背中から脚にかけて自分の姿ってあまり見たことがなかったんですけど、こうやって見たら人としても女性としてもいろんな経験を重ねていったなあと感じられるなと思って(笑)、私も確かにいろんな時間を過ごしてきたんだなという感じがしてお気に入りです」と胸を張った。そんな写真集を自己採点するようお願いされると「100点満点なら90点くらいですかね?」と答え、マイナス10点の理由を問われると「40歳に向けての伸びしろや期待です」と語った。


さらに、撮影前に体作りなどはしたか聞かれると「今回はZeppツアー中だったので、ライブで自然と作り上げたラインですね。それ以外はそんなにストイックに作り込んだかといったら、割とナチュラルな私を見せたかったので、ライブとともに磨いた感じのボディです」と明かし、自身のある体のラインを追求されると「年齢によって体型が変化していって、その変化が生きている感じがして、そういうのはラインにも出て愛おしいなと。全体的に思いますね」と照れながら答えた。


そして、AAAとしての活動と比べて、ソロ活動はどうか尋ねられると「チームを作るという意味では、どちらも1人ではできないもので、たくさんツアーを回っていても、こういう写真集を撮るにしても、いろんな役割のそれぞれのプロフェッショナルが集まってチームを作るので、その中心に自分がいて、どうやって引っ張って行ったらいいんだろうなとか、チーム作りみたいなものに関してはどちらも一緒だなと思いつつ、真ん中にいるということは明らかに違って、だから自分が引っ張っていかないといけないとか、目印にならないといけないとか、そういう意識はありますね」と熱く語り、これからの目標については「ずっと続けていきたいというのがシンプルな目標ですね。その中心にあるのはやっぱり歌で、幾つになっても歌い続けていきたいなと思います」と語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)