長濱ねる「発信し続けることが大事」”学びをつなげる”連載スタート

芸能総合 公開日:2022/07/11 4
この記事を
クリップ

女優・タレントの長濱ねるがライフスタイル誌『FRaU』のウェブサイトにて連載をスタートする。この連載は「tsuNagERU SDGs」と題し、長濱ねる本人から読者へ“つなげる”、未来や次世代へ“つなげる”という想いを込めて、自身が日常で学んだこと、発見したことや気づきをSDGsのゴールと絡めて語っていく企画。



この連載は、毎月第2月曜日にFRaUwebにて更新。本人の貴重なオフショットと共に、長濱ねる自身が実践しているSDGsのアクションや考え方を伝えていく内容となっている。



<長濱ねる メッセージ>

こんにちは。長濱ねるです。雑誌『with』でやらせていただいていたSDGs連載がリニューアルして、『FRaUweb』へお引越しすることになりました。『with』で約一年続けたSDGs連載では、どんなに小さなアクションも、微力ではあっても無力ではないこと、発信し続けることが大事ということを学びました。私自身、SDGsアクションを完璧になんてできていません。ただ、何もしないよりずっといい、そんな風に思っています。今月から新たに『FRaUweb』で、”学びをつなげる”というテーマの連載をやらせていただくことになり、とてもワクワクしています。ぜひ、一緒に考えて学んで、私たちから身近な人たちへ。そして社会や未来へつなげていけたら嬉しいです。


また『FRaU』では8月「考えよう!『ミライの地球』SDGs こども・プレゼンコンテスト」を開催。小・中・高校生を対象としており、「2030年に創造したい未来」がテーマ。SDGs17のゴールに沿って、より豊かな未来に繋がるアイディアを自ら考え、発表してもらうコンテスト。応募作品の選考委員には長濱ねるほか、生物学者の福岡伸一教授、お笑い芸人の小島よしおなど、多彩な面々が参画予定。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)