なにわ男子 藤原丈一郎&大橋和也『anan』伝説企画の表紙に登場、揺るがない絆を激写

芸能総合 公開日:2022/07/11 3
この記事を
クリップ

なにわ男子藤原丈一郎大橋和也が、7月20日(水)発売の女性グラビア週刊誌『anan』の表紙に登場する。同誌では、「バディの化学反応 2022」を特集。なにわ男子として、またデビュー前から名コンビと大人気の二人。連続ドラマ『消しゴムをくれた女子を好きになった。』にも揃って出演し話題の二人が、同誌4年ぶりの伝説企画、「バディ」特集の表紙を飾る。グラビアでは、ふたりきりで過ごす夏のとある一日を表現。ふたりの揺るがない絆がカメラに納められている。




現代の社会において、ふたりの関係性だからこそのサクセスストーリーや相性のなせるワザの数々にフォーカスした人間関係特集「バディの化学反応」。2018年にSexy Zone中島健人菊池風磨がふたりで表紙に登場し、大反響を巻き起こした。その『anan』の伝説企画が、約4年ぶりに復活する。


表紙を飾るのは、なにわ男子の名コンビ、“丈橋”と呼ばれ親しまれる、藤原と大橋。コンビとして、またシンメ(※ステージ上でシンメトリーの位置に立つふたり)として、デビュー前からずっと同じ景色を見てきたパートナーのふたり。現代が誇る黄金バディとして、『anan』2回目の“バディ”特集の表紙に登場する。


バディとしての『anan』登場は、今回を含めて3回目。1回目の登場は、2018年でのバディ特集。なにわ男子結成直後の関西ジャニーズ Jr.時代の中、「浪花の青春」というタイトルでのグラビア特集で登場。フレッシュなバディとして大きな反響を呼んだ。2回目は昨年11月、なにわ男子としてデビュー直後のタイミングで「無限の希望」として、ふたりのこれまでとこれからのストーリーが溢れるグラビアを掲載。そして、3回目となる今回のテーマは「永遠のボクら」。デビュー発表から約1年、猛スピードでスターダムを駆け上がる中、次代を担う名バディとして、満を持して表紙を飾る。3部作としてシリーズ連作となっているグラビアの世界感とともにお楽しみいただきたい。



今回5つのシーンを展開する巻頭グラビアで、ふたりきりで過ごす“眩しい夏の一日”を表現。「Scene1」ではソファで寝落ちしたふたりが、毛布を掛け合いねぎらう安らぎの時間を切り取る。「Scene2」では夏の木漏れ日の中、協力してテントを構える姿をカメラに収めた。「Scene3」では思い切りはじける笑顔を激写。打って変わって「Scene4」では、ブラックスーツスタイルに身を包みドレスアップしたふたりの美の競演をお届け。そして「Scene5」では、肩を組み背を預けたふたりのこれまでの歩みを感じさせる空気感のなか、これからのさらなる活躍を約束するような、未来を見据えた熱い視線を写真に焼き付けた。


入所して以来、気づいたらずっと隣で活動してきたとこれまでを振り返る、息ぴったりのふたり。その関係について尋ねると、「絶妙な距離感」で「なにわ男子の両端を固めるふたり」と語る大橋。そして、「真反対」だけど「仕事のときは不思議な化学反応が起こる」と語る藤原。そんなお互いが生む、奇跡の化学反応とは?ソロインタビューと対談からふたりの関係性に深く切り込んだテキストも要チェックだ。



いま注目のバディカルチャーにフォーカスするほか、ニューノーマル時代における人間関係の在り方、いまどきな距離感・コミュニケーションのとり方を紹介。現代における最高のバディとは?を考える特集となっている。「いまどきバディ」として市川染五郎×市川團子、齊藤京子(日向坂46ヒコロヒー上白石萌音×河野万里子、Aマッソのふたりが登場するほか、ドラマ『美しい彼』の萩原利久×八木勇征の蔵出しカットも公開。さかなクンが“ギョミニケーション術”について語る特別インタビュー、デビュー35周年を迎えた工藤静香が愛犬ヒカルと登場するグラビアにも注目だ。


そして千葉ロッテマリーンズのパーフェクトバッテリー、佐々木朗希と松川虎生が登場。さらに次世代注目のバディ CLOSE UP として、井上瑞稀橋本涼(HiHi Jets/ジャニーズJr.)、那須雄登浮所飛貴(美 少年/ジャニーズJr.)、今野大輝矢花黎(7 MEN 侍/ジャニーズJr.)が登場。各界の注目バディが目白押しの超豪華保存版の一冊となっている。

※本記事は掲載時点の情報です。