宮脇咲良、デビューの覚悟明かす「LE SSERAFIMは私にとって人生最後のアイドルグループ」

芸能総合 公開日:2022/07/08 8
この記事を
クリップ

『Harper’s BAZAAR』の日本版『ハーパーズ バザー』(発行:株式会社ハースト婦人画報社)9月号が、この春LE SSERAFIM(ル セラフィム)のメンバーとして再デビューした注目のアイドル、宮脇咲良をカバーモデルに迎え7月20日(水)に発売される。定期購読限定カバーも宮脇咲良。



9月号のカバーを飾るのは、宮脇咲良。HKT48IZ*ONE(アイズワン)を経て、この春LE SSERAFIM(ル セラフィム)のメンバーとして再デビュー、いま世界が注目するアイドルが、ファッション誌『ハーパーズ バザー』のカバーに初登場。本誌撮り下ろしのファッションポートレートでは、モードへの新しい挑戦を披露、内からみなぎる強い光でルイ・ヴィトンの最新コレクションを着こなす。また、独占インタビューでは、人生をかけてアイドル活動をするという意気込みと、その覚悟について本誌だけに語ってくれた。彼女の魅力に迫る全12ページの特集も。


<インタビューより抜粋>

――才能、運、努力以外に成功に必要なものは、「恐れないこと」。

――私は才能に恵まれているタイプではありませんが、もしかすると努力をする才能はあるかもしれません(笑)。

――LE SSERAFIMは私にとって人生最後のアイドルグループになると思いますし、その覚悟でデビューをしました。

――成長という変化を受け入れてもらえなくて、ファンの望む理想とやりたいことにギャップが生まれることがあるんです。


また、『ハーパーズ バザー』9月号は、宮脇咲良がカバーの通常版にくわえて、アン・ハサウェイがカバーを飾る『9月号増刊 アン・ハサウェイ特別版』も同時発売。


本誌の特集では、永遠のアイコン、アン・ハサウェイがハイジュエリーを身につけて登場。スーパーセレブとダイヤモンドの美しき競演は必見。『ハーパーズ バザー』9月号 増刊アン・ハサウェイ特別版は、7月20日に同時発売。

※通常版と特別版は表紙が異なるのみ(内容は同じ)。


■『ハーパーズ バザー』9月号

7月20日(水)発売


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)