吉岡里帆&今田美桜、涼しげな浴衣姿披露 共通点は“笑いのツボ一緒説”

芸能総合 公開日:2022/07/05 7
この記事を
クリップ

女優の吉岡里帆今田美桜が5日、都内にて開催された「サマージャンボ宝くじ」「サマージャンボミニ」発売記念イベントに、涼し気な浴衣姿で出席した。


「ジャンボ宝くじ」CMキャラクターの吉岡と今田。7月7日の七夕直前となるこの日のイベントでは、「サマージャンボ」にちなみ用意されたジャンボ短冊で、7億円が当たったら叶えたい夢を披露するなど、様々なトークを展開した。


浴衣を着てしてみたいことを聞かれた吉岡は「何年も行っていないですけど、やっぱり花火大会に行きたいですね」と回答。「ちっちゃい手持ちの花火はやった記憶はあるんですけど、大きいドーンと上がる花火は見ていないなと思うので、行きたいです」と語った。


また今田は「CMで盆踊り風な踊りをやらせてもらったので、そういう盆踊り大会みたいな場所に行って、見てみたいです」とコメント。「やっぱり夏ならではだと思うので、そういうものもぜひ体験してみたいなと思いますね」と微笑んだ。


7億円が当たったら叶えたい夢という話題では、吉岡が「世界一長いウォータースライダーを作る」と書いた短冊を掲げる。続けて「子どもの頃、ウォータースライダーが本当に好きで何回も並んで滑っていたんです。階段を登るのも大変じゃないですか。7億円あったら、エレベーターを付けて、ギネスに挑戦もしたいですね」と目を輝かせた。


同じく今田は、7億円が当たったら「小さな町をつくる」と宣言。「自分の町を作りたいです。“美桜タウン”」と笑顔を見せた。


CM内で、妻夫木聡成田凌矢本悠馬と共にきょうだい役を演じる2人の共通点はあるか、と聞かれると、今田が「(吉岡は)グミがお好きという噂をお聞きしまして、私も大好きなんです」とにっこり。



一方、吉岡は「笑いのツボが一緒なのか、笑いのツボが浅いのか、笑いポイントが似ているなというのを最近じわじわ気付いていて。私がこっそりフフッと思っている時に、美桜ちゃんが隣で笑ってくれていたりすると『わかるよ、今の面白かったよね』みたいな現象があって。“笑いのツボ一緒説”あります」と明かし、今田も「そうかも」とうなずくと、2人は楽しそうに笑い合っていた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 42件)