高橋文哉 始球式でノーバウンド、宮世琉弥 綱啓永ら『君の花になる』8LOOMも見守る

芸能総合 公開日:2022/07/01 2
この記事を
クリップ

動画配信サービス「Paravi」では、6月30日 午後5時45分から横浜スタジアムで行われた「横浜DeNAベイスターズVS阪神タイガース」をParavi冠試合「Paraviナイター」として開催。始球式では、TBSで10月からスタートする火曜ドラマ『君の花になる』の劇中に登場するボーイズグループ“8LOOM”(ブルーム)の佐神弾役を演じる高橋文哉がマウンドに上がった。




また、高橋の応援に8LOOMのメンバー、宮世琉弥綱啓永八村倫太郎森愁斗NOA山下幸輝がかけつけた。8LOOMのメンバーが見守る中、背中に「君の花になる」「SAGAMI DAN」と書かれたユニフォーム姿で現れた高橋は、8LOOMが歌うドラマの楽曲が流れる中ゆっくりとマウンドへ。観客や8LOOMメンバーに笑顔で一礼し大きく振りかぶって投げた1球は、見事ノーバウンドでキャッチャーミットへ。


高橋は思わずガッツポーズ。8LOOMメンバーや横浜DeNAベイスターズの選手たちからも、高橋の投球に大きな拍手が送られた。


初めての始球式を終えた高橋は、「本当に最高でした!今までの人生の中でめちゃくちゃ緊張していたんですが、すごく楽しくて気持ちよくて、どこを見てもたくさんのお客さんと選手の方がいるプレッシャーもあったのですが、マウンドから降りたくなかったです!“いける気がする!!”って自分を信じて頑張りました」と話した。


高橋の投球を見守った8LOOMメンバーは、「しびれましたね。格好良かった!!本当に感動した。メンバーの想いを背負ってた。投げた姿を見て、めちゃくちゃ最高だった。ボールに気持ちが乗ってたよね。完璧な投球だった」と褒め称え、チームワークの良さを見せた。そして高橋は「10月スタートのTBS火曜ドラマ『君の花になる』に向かって、8LOOMメンバーも全力投球していますので、ドラマもぜひ、見てください!!」と熱いアピールで締めくくった。


始球式と、「横浜DeNAベイスターズVS阪神タイガース」の模様はParaviで見逃し配信中。さらにこの始球式を記念して、“『君の花になる』までの365日未公開映像付きParavi版”のEP.9を配信スタート。(※次回は7/9(土)に配信予定)


■冠試合「Paravi ナイター」横浜DeNAベイスターズ VS 阪神タイガース

※追っかけ再生&アーカイブ配信あり

©YDB


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)