浅川梨奈、温泉で一糸まとわぬセクシーショット「ありのままに撮影できました」

芸能総合 公開日:2022/06/29 19
この記事を
クリップ

女優の浅川梨奈が29日、都内で芸能界デビュー10周年記念写真集『GR∞WTH(グロース)』(集英社)の発売を記念した取材会を開催した。


自身3年ぶり4冊目となる写真集は、デビュー10年という節目に出版される。浅川は「この仕事を始めた当初は10年なんて考えられなかった。10年この業界にいるんだと感慨深い」としみじみで、「グラビアは私の人生を変えてくれたお仕事。節目に写真集を出せたらいいなと思っていたので、素直にうれしいです」と喜びを口にした。


これまで出した写真集と違うのは「大人っぽさや妖艶さ」という。「これまでの作品は10代だったけど、これは20代になって初めて撮影した写真集のグラビア。気持ちとしても大人になったなと思いながら撮影しました。写真集の撮影としては初めて温泉に行ったのですが、日本ならではのセクシーさや艶やかさを意識した。自分で言うのも照れますが“艶やかさ”が違う」と本作をアピールする。


温泉では一糸まとわぬ色気全開のセクシーショットにも挑戦したが、浅川は「恥ずかしさはなかった」ときっぱり。「温泉は久しぶりでテンション上がっていましたし、女性スタッフも多かった。リラックスしていたので、スタッフさんから『もうちょっと隠しなよ』と言われるくらいで(笑)。ありのままに撮影できましたね。それは表情からも伝わってくるんじゃないかな」とほほ笑んだ。


写真集の撮影前はボディメイクのためパーソナルジムにも通った。「ひたすらジムに通いましたね。食べ物も鍛えている人の食生活にした。チキンやブロッコリーとか食べていました。背中が貧相だったので、背中を鍛えたかった。おしりのラインも出したかったんです」と回想。筋トレを重ねたボディは「今できる最高のプロポーション!」と胸を張る。続けて「自分が出せるすべてを詰め込んだ。この10年をギュッと1冊にまとめました。大人っぽいものから爽やかなものまで収録されていて、とってもいいものが出来たと思っている。一度でも私に興味を持った方はぜひ写真集を見てほしい」とアピールした。


また、6月12日で芸能生活丸10年となった浅川は、今後の抱負を告白。「いいことも、悪いことも、この10年は想像していなかったことがあった。この先の10年もたぶん想像もつかないような10年になるけど、常に笑顔で笑っていたい。自分も周りの人もハッピーにしたい」とした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 25件)

関連タグ