川島海荷を映画『浅田家!』の浅田政志が撮影、くるくると変わるキュートな表情

芸能総合 公開日:2022/06/27 3
この記事を
クリップ

表紙・巻頭に川島海荷を迎え、三重県松阪市と提携し、同市の観光PRなどを目的とした特集を掲載した電子雑誌『月刊 旅色』(株式会社ブランジスタメディア)2022年7月号が、本日公開された。また、お笑いコンビ東京ホテイソン・たけるがおすすめの旅を紹介する連載の後編と、バルニバービとの共同プロジェクト第2弾の取材記事も掲載されている。



電子雑誌『月刊 旅色』7月号では、三重県松阪市と提携し、同市の観光PRを目的としたタイアップ特集を掲載。川島海荷が松阪市を1泊2日で巡り、電子雑誌と動画で魅力を発信。また、電子雑誌を紙冊子にしたパンフレットが、市内の道の駅や高速道路のパーキングエリア、東京・三重テラスなどで配布される。


城下町・宿場町として栄えた松阪。「新しい発見がある旅が好き」という川島は、松阪の歴史スポットに興味津々。とっておきのご当地グルメも楽しみました。撮影は、二宮和也主演の映画『浅田家!』のモデルとなった、『月刊 旅色』の連載「宿旅」でもおなじみの浅田政志が担当。拠点が三重というだけあって、ガイドさんのように市内を案内しており、川島はとても楽しめたようだ。


くるくると変わるキュートな表情で、いつも周囲を和ませてくれる川島海荷に、自身の旅についてインタビュー。最近は旅のスタイルにも変化があり、「大人の旅」の魅力に気づき始めているそう。そんな川島と、風情あふれる歴史の街、松阪市を訪ねた。街を散策するなかで見つけたお気に入りの場所やおいしいものなど、旅の思い出を語ってもらった。


川島は、豪商の旧家や松坂城跡など歴史あるスポットはもちろん、美しい花々が咲く松阪農業公園ベルファームを訪ね、松阪牛も堪能。1泊2日の旅を終えて「お気に入りは御城番屋敷です。通りから松坂城跡の石垣が見えて、緑もあってすごくのんびり時間が流れているような雰囲気が感じられました」と振り返った。旅ムービーでは川島海荷の案内で、松阪の魅力がわかる。


▼川島海荷の旅ムービー


旅好きにおすすめの旅程を聞く連載「あの人の旅プラン」は、お笑い芸人の東京ホテイソン・たけるの後編。岡山の歴史名所を巡る旅をプランニングしてくれた。桃太郎伝説の元になったという「吉備津神社」や、地元の名所などを巡る。


■『月刊 旅色』2022年7月号

2022年6月27日公開


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)