Hey! Say! JUMP 中島裕翔、純愛の艶とせつなさを表現『anan』ソロ表紙に登場

芸能総合 公開日:2022/06/27 6
この記事を
クリップ

Hey! Say! JUMP中島裕翔が、7月6日(水)発売の女性グラビア週刊誌『anan』「ジャパンエンタメの新境地。」特集の表紙&グラビアに登場する。


7月14日(木)からスタートするドラマ『純愛ディソナンス』にて主演を務める中島裕翔が 『anan』ソロ表紙に登場。ハードな恋愛模様を描く今作では教え子に対して特別な感情を抱く教師役を演じる中島。そんな溢れる愛を感じさせる、“雨が降る中、恋する人をずっと待ち続ける彼”をイメージした表紙にチャレンジ。まるで、読者を待ってくれているような...恋するせつなさが掻き立てられる、中島の大人っぽく、艶っぽい表情をご堪能いただきたい。




グラビアでは、モデルとしても大活躍の中島だからこそできるファッションシュートにチャレンジ。撮影の時間内に、大量の今シーズンのファッションアイテムを用意し、「ポーズ数を決めずに可能な限りのファッションシュート」というチャレンジの中、「わかりました、面白そう」と中島。スタイリストとカメラマンとの即興セッション。「切ない感じ」「爽やかな雰囲気で」「超クールに」等、どのファッションもコンセプトから、ガラッと変えて、次々と撮影。テーマに合わせて、纏うオーラや表情、ポージングも、それぞれ異なるものに。11 日間の彼との日々をフラッシュバックするような、11 の衣装を纏い、“11 日間の彼”コーデのグラビアが完成。力強い眼差しでこちらを見つめたり、屋上でリラックスしたり、エモーショナルで切ない表情、かわいい甘えモード、セクシーな佇まいなど、ページをめくるたびにコロコロと変化する中島。彼と過ごした様々な時間をフラッシュバックするような感覚をお楽しみいただきたい。


また、インタビューでは、ドラマ『純愛ディソナンス』の撮影裏話や、デビュー15 周年を迎えるHey! Say! JUMP の活動を振り返っての話、大好きな日本のエンタメについて熱く語っている。



同誌では、2022 年夏現在、“ジャパンエンタメ”が至った新境地を、この夏以降に公開、上演されるドラマ、映画、舞台などの注目作品の豪華キャストやスタッフのインタビューを通して浮き彫りにする。ドラマ『石子と羽男』(TBS 系)の有村架純×中村倫也、ドラマ『初恋の悪魔』(日本テレビ系)の林遣都×仲野太賀、映画『ビリーバーズ』の磯村勇斗、映画『破戒』の間宮祥太朗、映画『ゴーストブック おばけずかん』の城桧吏×新垣結衣、舞台『Q』:A Night At The Kabuki の野田秀樹×広瀬すず×志尊淳、舞台『2020』の高橋一生など充実のラインナップ。そして CLOSE UP には、『ふぉ~ゆ~ meets 梅棒「Only 1, not No.1」』でノンバーバルのダンスパフォーマンスに挑むふぉ~ゆ~、新進気鋭の劇作家、ジェレミー・O・ハリスの戯曲『ダディ』日本初演の主演を務める中山優馬が登場。この夏、日本を沸かせるエンタメが凝縮された一冊となっている。

※本記事は掲載時点の情報です。