BTSが表紙の『anan』完売続出、異例の緊急重版決定

芸能総合 公開日:2022/06/15 8
この記事を
クリップ

BTSが表紙を飾った『anan』2303 号「今、世界に広がる、ボーダレスカルチャー」特集の緊急重版が決定したことが本日発表された。


ますます人気が加速する、世界のミュージックシーンのアイコンである BTSが、3年ぶりに同誌の表紙に登場。その発表と同時に大反響を呼び、情報解禁後、瞬く間に全ネット書店で完売。さらに『anan』を求める読者が、予約のために全国のリアル書店に殺到した。その結果、多くの書店で発売前に完売店が続出、大変な品薄となり、異例の緊急重版が決定した。印刷工程の関係で、重版決定から約2週間後に店頭に並ぶことになる。そのため、毎週新しい号を発行している同誌にとって、重版は掟破りと言われていた。今回の重版の店頭到着は、6月3 日(木)の予定。


【関連】BTS 個別活動本格化を予告、トップバッターはJ-HOPE





世界中がコロナ禍に見舞われ、1年が過ぎた2021年。アーティストがファンに直接会う機会を奪われた世の中で、常に有観客の公演を目指し、道を探ったBTS。惜しくもオンラインのみの開催になったファンミーティングから、ついにARMY(BTSのファンの呼称)と感動の再会を果たした「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」のLA公演、ソウル公演、ラスベガス公演まで、その長い道のりを豊富な写真とともに振り返る。


BTSが『anan』に初登場したのは、2015年5月に発売された号。そこから瞬く間にトップアーティストへと駆け上がり、2017年と2019年には、同誌史上初の2バージョンでの表紙を飾った。その2号に掲載された撮り下ろしカットを一部、再掲載。少し幼さも残る2017年、世界のミュージックシーンのアイコンとしてのオーラが漂う2019年...最近BTSにハマった方も、彼らの成長と歩みを改めて感じられる写真は今となっては非常に貴重なものだ。また、2019年当時、東京メトロ日比谷線・銀座駅ホームベンチ上看板のみで展開したクールな集合カットも、ロンググラビアとして掲載。


2021年から2022年、たった1年という短い期間にも、次々と偉業を成し遂げたBTS。日々、更新される大記録や驚きのニュース...枚挙にいとまのない彼らの足跡を、わかりやすくまとめたページも企画。アジアから生まれたスーパースターが切り拓いた新たな地点は、ただそれだけで圧巻だ。



anan2303号(2022年6月15日発売) Ⓒマガジンハウス

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ