元乃木坂46中田花奈 ケーキ専門通販サイトと共同開発、こだわりの“麻雀チョコ”発売

芸能総合 公開日:2022/06/14 11
この記事を
クリップ

元乃木坂46の中田花奈が14日、都内で行われた『麻雀カフェ「Chun.」×Cake.jp メディア限定試食会』に、管理栄養士の藤橋ひとみ氏とともに出席した。


9年間、乃木坂46として活動後、趣味であった麻雀を極めてプロ雀士としてデビューした中田。2021年からは麻雀カフェ「chun.」を経営するなど積極的に活躍しており、今回、開業1周年を迎えるにあたり、ケーキ・スイーツ専門通販サイト「Cake.jp」と共同開発をした「麻雀チョコ」を発売する。


15日にオーナーを務める同カフェが1周年を迎える心境を尋ねられた中田は「この1年は駆け抜けてきたなという感じで、すごくバタバタしていたんですけど、たくさんの経験ができました。乃木坂46を卒業してちょっと経ってからすぐオープンしたお店でもあるので、卒業後、お店の経営者の私としていろんな経験をさせてもらったなと思います」と感慨深く語り、「これで終わりじゃないので、これからまた長く続いていけるお店になるように頑張っていこうと思います」と意気込んだ。


加えて、経営者として苦労した点について質問されると「バイト経験もなく、社会人経験はアイドル活動しかなく、アイドルとして特別な経験はしているんですけど、逆にみんなが経験していることをしていなかったので、PCの使い方からまず学び(笑)、飲食店の裏側とか、雀荘の裏側とか“どういうことをしているのかな”とか、バイト経験があるスタッフさんに1から教えてもらいながらって感じでした」と打ち明けた。


また、「Cake.jp」とコラボレーションした経緯を聞かれると「私は元々スイーツが大好きで、麻雀中に甘いものがほしいなと思うことが多くてよく食べていたというのもあって、「chun.」とツイーツというのをどうにかできないかなと思っていて、お店のメニューでいろいろ考えたりしていたんですけど、麻雀中に手軽に食べられるものを考え、チョコレートに行きつきました」と明かし、「『Cake.jp』さんは流行りのお店とか、今話題のお店とコラボしたり、取り扱ったりしているところに惹かれて、お話をさせていただき、このような形でチョコレートを作ることになりました」と説明。


こだわったポイントについては「せっかく麻雀カフェ「chun.」でチョコレートを作るということなので、麻雀牌をイメージしたチョコレートにさせていただきました。麻雀牌の36種類の絵柄をプリントさせていただいたんですけど、見た目的にもかわいくて楽しめるチョコレートになっているかなと思います」と自信を覗かせ、「麻雀ってもっとオシャレなものになっていっていいなと思っていまして、ブランドとかが麻雀をモチーフにしたデザインのファッションアイテムを作っているのを見て、もっともっとオシャレなイメージで、麻雀をやらない方もかわいいなと思っていただけるに考えていたところで、チョコレートは女性が好きなものなんじゃないかなと思いまして、そういう方に向けてもいいなと思ってもらえるようなデザインにさせていただきました」と吐露した。


そして、チョコレートに関して中田自身が提案した点を聞かれると「私は本当にチョコレートが大好きで、バレンタインのシーズンとかチョコのイベントで1回に何万円も使ってきたんですけど(笑)、それだけチョコを食べてきたという自負があるので、味にはこだわりたいなということで、結構うるさく言わせていただきました」といい、「完璧だと思うホワイトチョコレートに出会ったことが少なくて、その中から好きだったものを思い出してうるさく言わせていただきました(笑)。美味しくできていると思うので、楽しみにしていただけたらなと思います」とアピールした。


最後に、プロ雀士としての今後の目標を聞かれると「先日、バイト募集オーディションというのをお店でやりまして、働いてもらえる人が増えたので、もうちょっと麻雀に向き合う時間をこれから増やしていきたいなと思います」と語り、「リーグ戦も今、1番下のリーグにいるので、どんどん上に行けたらなと思っています」と言葉に力を込めた。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 18件)

関連タグ