大場美奈、アイドル人生を自らの筆で綴る「フォトエッセイ」今秋発売決定

芸能総合 公開日:2022/06/13 3
この記事を
クリップ

2022年4月にSKE48を卒業し、AKB48所属時代からの約13年間に及ぶアイドル生活に終止符を打った大場美奈。 


そんな大場が「今だから語れる」、自身のアイドル生活のすべてを自ら筆を執り、当時の感情や状況、誰も知らない真実までを赤裸々に綴ったフォトエッセイ(KADOKAWA刊)が9月14日発売されることが発表された。 


エッセイパートはすべて、大場本人による書下ろしで、 13万字以上の読み応えのある内容に。 さらにグラビアパートでは等身大で自然な表情から、 身も心も解放されたセクシーかつエモーショナルな 大場美奈を写真家・前康輔氏が撮り下した。


<大場美奈コメント> 

アイドル時代の私の思い出は、映像だけでは語りきれないこともたくさんありました。カメラの前でも、皆さんの前でも、伝えたことのない本音の部分も含めて、 今回文章として起こして残せることを嬉しく思います。 

人前に出るのが苦手で人見知りの内気だった私が人見知りは健在の夢見がち、ネガティブ思想、期待は存分にするタイプ、人への思いやり重視な私に変化できたのは間違いなくアイドル13年のおかげです。

そんなひとりの元アイドルの13年のお話です。



<書誌データ>

書名:大場美奈ファーストフォトエッセイ(仮) 

価格:2530円(税込み) 

発売日:2022年09月14日予定 

仕様:B5変形/128頁 

撮影:前康輔 

発売・発行:株式会社KADOKAWA

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ