上白石萌音“翻訳家デビュー作”が予約開始「10代の頃憧れていたお仕事のひとつ」

芸能総合 公開日:2022/05/26 6
この記事を
クリップ

上白石萌音が人気翻訳家の河野万里子との手紙を通して、『赤毛のアン』の名シーンを翻訳した『翻訳書簡『赤毛のアン』をめぐる言葉の旅』が、NHK出版より7月25日に発売、5月26日より予約開始となる。撮りおろしカットのほか、上白石萌音の朗読音声DL付き。予約開始に合わせ、カバービジュアルを公開、著者二人よりコメントも寄せられた。



“朝ドラ”『カムカムエヴリバディ』で見事な英語力を披露した上白石萌音。子どもの頃から英語が大好きで、熱心に学び続けている。そんな上白石が愛する海外文学のひとつが、不朽の名作『赤毛のアン』。本書では人気翻訳家の河野万里子との手紙を通して、上白石が『赤毛のアン』の名シーンの数々を翻訳する。


河野による上白石の翻訳へのアドバイスは、語学的なものにとどまらず、「日本語としていかに表現するか」を問いかけるもの。それに応えて上白石が紡ぐ、瑞々しい訳文が本書の見どころだ。語学や翻訳のみならず、広く「ことば」に関心がある人に手に取っていただきたい一冊。撮りおろしカットのほか、上白石の朗読音声DL付きだ。
※本書は2020年度~2021年度「ラジオ英会話」における連載に加筆し、一冊にまとめたものです。



<著者コメント>
翻訳家は、10代の頃憧れていたお仕事のひとつでした。まさかこんな形で、第一線でご活躍の河野万里子さんのもと勉強できるとは、そしてその経過を本にしていただけるとは!当時の自分に教えてあげたいです。先生との書簡を通して、英語のみならず、自分の日本語力とも向き合った記録です。是非お手に取ってみてください。

上白石萌音


小説の翻訳は、外国語で書かれた物語の世界へ、ふだんの読書よりさらに深く入っていって、登場人物たちと、わくわく、ドキドキすることから始まります。これはそのおもしろさと、読みやすい訳を書くためのヒントやコツが、上白石萌音さんとの文通を通して、きっと伝わる1冊です!「英文和訳」から「翻訳」へ、萌音さんの言葉は少しずつ、確実に変わっていきます。訳すのは、『赤毛のアン』。アンが大好きな人、英語を楽しく勉強したい人も、ぜひ。

河野万里子




■『翻訳書簡 『赤毛のアン』をめぐる言葉の旅』
【発売日】2022年7月25日※電子書籍版同時リリース予定
【発行・発売】NHK出版
【定価】1,760円(税込)

《予約について》
5月26日より全国の書店、各ネット書店で予約受付を開始いたします。楽天ブックス限定で、初回生産分のみ『翻訳書簡『赤毛のアン』をめぐる言葉の旅』オリジナルポストカードが付きます。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ