『マイファミリー』高橋メアリージュン「2回も謝られるとは…」第7話反響明かす

芸能総合 公開日:2022/05/24 4
この記事を
クリップ

嵐の二宮和也が主演を務めるTBS日曜劇場『マイファミリー』(毎週日曜よる9時)に出演中のモデルで女優の高橋メアリージュンが23日、アメーバオフィシャルブログを更新。「またもやたくさん謝られています。笑」と第7話(5月22日放送)の反響についてお茶目につづった。



同ドラマは、人生最悪の事態に見舞われた家族の絆が試される“ノンストップファミリーエンターテインメント”。誘拐された娘を取り返すための唯一の方法として警察を排除することを決意した夫婦が、たった2人で娘を取り返すべく戦っていくストーリー。TBS日曜劇場『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)などの脚本家・黒岩勉氏によるオリジナル作。高橋は、主人公・鳴沢温人(二宮和也)とゲーム会社「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」を経営する立脇香菜子を演じる。


第7話では、温人(二宮和也)の会社「ハルカナ・オンライン・ゲームズ」の社員・鈴間亜矢(藤間爽子)が犯人だと分かり、鈴間の身辺を調べつつ、共犯がいるのではないかと考える。実咲(凛美)の安全のため、警察に届けることはできない中で、温人らはビジネスパートナーの立脇香菜子(高橋メアリージュン)への疑いを強めるが…という展開だった。


この日、「マイファミリー第7話いかがでしたか?」と題してブログを更新。高橋は「こんばんは。昨日はマイファミリー第7話の放送でした。たくさん反響頂き、ありがとうございます!」と切り出し、「またもやたくさん謝られています。笑」「1クールで2回も謝られるとは思いませんでした」とお茶目につづった。

【関連】『マイファミリー』高橋メアリージュン「色んな方に謝られました。笑」反響明かす


最後は「来月もお見逃しなく」と呼びかけ、劇中に登場する温人(二宮和也)が開発したスマホゲーム「リビットウォーカー」のカエルのキャラクターがデザインされたハンカチタオルを持ったオフショットで、ブログを締めくくった。


■TBS日曜劇場『マイファミリー』第8話

5月29日よる9時放送

「俺が誘拐した」 親友・東堂(濱田岳)の告白に、温人(二宮和也)と未知留(多部未華子)、三輪(賀来賢人)は言葉を失くす。最愛の娘を誘拐される苦しみを誰よりも知っている東堂が、なぜ? 温人たちは沸き上がる怒りを抑えながら、犯行に至った理由やその一部始終を聞く。そして、浮かび上がってくる数々の疑問点、東堂の娘・心春ちゃん誘拐に残る多くの謎。明かされる、更なる真実、物語は、ついに最終章を迎える…。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)