町田啓太 サングラスは“アドリブ”、刺激を受けて憧れている存在も明かす

芸能総合 公開日:2022/05/20 34
この記事を
クリップ

5月23日発売の『ViVi』(株式会社講談社)7月号に、2021年上半期・下半期の「ViVi国宝級イケメンランキング」ADULT部門で1位を獲得し、見事殿堂入りを果たした超人気俳優・町田啓太が登場。ボッテガ・ヴェネタの最新ルックに身を包んだファッションシュートで、アダルトな魅力を見せてくれた。



撮影では、とにかく撮るカット撮るカット、どれもカッコよくキマる町田。


モニターに写真が映し出されるたび、あまりのカッコ良さに「おお!」と関係者たちのどよめきが起こるほど。サングラスをかけてもらい、(町田のアドリブで!)手でずらして目を見せた時、「きゃー!」と叫ぶ人がいるほど、この日イチの歓声があがった。


6月3日(金)全国公開の映画『太陽とボレロ』でクラシックオーケストラのトランペット奏者を演じた町田。町田の考えるクラシックや“理想の大人像”をテーマにインタビューした。同作の監督・脚本を務めた水谷豊について「水谷さんのような大人の男になりたい」と話すほど、刺激を受けて憧れている存在だと語ってくれた。また、「国宝級イケメンランキング」ADULT部門の殿堂入りの反響について聞くと、「恐れ多いですし、本物のアダルトである水谷さんに絶対知られたくないです!(笑)」と照れくさそうに語ってくれた場面も。


国宝級の尊さを放つ、町田の眼福すぎるカットが見れる『ViVi』7月号を見逃さないようにしよう。


■『ViVi』2022年7月号

5月23日(月)発売 ※首都圏基準


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)