中条あやみ 楓 宮本茉由 佐々木莉佳子、初の4ショットで『CanCam』表紙登場の理由は?

芸能総合 公開日:2022/05/16 2
この記事を
クリップ

5月23日発売の『CanCam』7月号(株式会社小学館)の表紙に、中条あやみ宮本茉由佐々木莉佳子が登場した。



表紙は、『CanCam』40周年イベント、優勝チームへのごほうび。楓「体張ったのが強かったですね。ポーちゃん(中条あやみ)の三輪車とかすごい速かったし」思わず何の話!?と突っ込みたくなってしまうコメントは、ファッション誌『CanCam』7月号のインタビュー。昨年11月、創刊40周年を迎えた同誌が、オンラインイベント『CanCam 40th Birthday Night』を開催。3チームに分かれた専属モデルが、「2022年表紙登場権」をめぐってクイズや運動会でガチンコ対決。今回は、その優勝チームのメモリアル表紙。中条あやみ、楓、宮本茉由、佐々木莉佳子が、初の4ショット表紙を飾っている。


イベントではゲームのひとつ、セルフプロデュースによる即興表紙撮影「表紙クリエイターズ」に挑戦。4人は、他チームが思い浮かばなかった、撮影用の脚立を使ってクリエイティビティあふれる表紙を作成。5分間という短い制限時間の中、テーマの「私たち、クールビューティーズ」を圧巻のクオリティで表現し、見事3チーム中1位に。7月号では、そんな「クールビューティー」なテイストをそのままに、表紙も中面インタビューも“オールモノトーン”のコーディネートで登場してくれた。ちなみに、4者4様に着こなすモノトーンコーデは、全てファッションブランド「GU」のアイテム。お手頃価格でありながら、オトナっぽく上品に決まるコーディネートも、ぜひ参考にしよう。


8ページにわたる特集では、4人それぞれのソロインタビューと、クロストークを掲載。40周年イベントを振り返っての思い出トークや、普段は聞く機会のない「4人が思うお互いのコト」について、和気あいあいと語ってくれた。最年少の佐々木莉佳子は「昨日の夜からずっと緊張してて。こんな大先輩の皆さんと、しかも表紙なんて本当にどうしようと思って…。でもずっと皆さんが緊張ほぐしてくださって、温かい現場で撮影ができて嬉しかったです」と、初々しいコメント。それに対して先輩モデルが「かわいい~!」と声を上げるなど、温かい雰囲気の中撮影が行われた。イベントから表紙をつかみとった強運をもった4人が、圧巻の表現力で魅せてくれる「クールビューティー」な『CanCam』7月号通常版。発売は、5月23日(月)。


■『CanCam』7月号通常版

2022年5月23日(月)発売


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)