木村拓哉 本音をさらけ出す、表舞台では見せない弱さを吐露「本気で向き合っていく」

芸能総合 公開日:2022/05/06 8
この記事を
クリップ

木村拓哉がCMキャラクターを務めるリポビタンブランドの新TV-CM「リポビタン 一歩を、一緒に。インタビュー』篇が、5月10日(火)より全国でオンエア開始する。これに先駆け、本日よりリポビタンブランドサイトがリニューアル。『リポビタン 一歩を、一緒に。インタビュー』篇が公開された。



誕生して60周年を迎え、これからもリポビタンブランドは、「頑張る人を応援するブランド」であり続けたいという思いを込めて制作されたのが、新TV-CM『リポビタン 一歩を、一緒に。インタビュー』篇。リポビタンブランドのCM キャラクターである木村の、普段は見せることがない仕事の舞台裏に密着した貴重な映像と、木村の仕事に対する向き合い方について本音をさらけ出したインタビュー映像からなる本TV-CM はドキュメンタリー映画のような仕上がりとなっている。等身大の木村から発せられる「どんなにキツくても、腐らず、本気で向き合っていきたい」というメッセージは、思わずうつむき加減になりがちな時に、そっと背中を支えてくれるのではないだろうか。


新TV-CM『リポビタン 一歩を、一緒に。インタビュー』篇では、普段はなかなか見ることのできない、木村の仕事の現場を撮影することができた。密着したのは「TAKUYA KIMURA Live Tour 2022 Next Destination」のリハーサルや本番の舞台裏。木村は中心となって大勢のスタッフを率いたり、真剣な表情で打ち合わせに臨んだり。時には笑顔でスタッフたちと喜びを分かち合い、時にはほとばしる汗にかまうことなくリハーサルに集中し、リポビタン D をゴクリと飲み干す様子など、クールでスタイリッシュな「表」側のイメージとは真逆の木村の姿に、一歩一歩、努力を積み重ねて前に進んで行く“人間”木村拓哉の体温をより身近に感じることができる。インタビュー映像では、「一人で何かに立ち向かうっていう、そんな強さはなかなか持てないと思う」と、表舞台では見せない弱さを吐露するかのような一面を見せながらも、最後に発せられた「どんなにキツくても、腐らず、本気で向き合っていく。それを続けて行けたらいいかなと思う」という木村の言葉は、私たちの仕事や普段の暮らしの中で、うまくいかない時でも、そっと背中を支えてくれるのではないかと思う。



※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ