横野すみれ 一般応募でゼロイチファミリア所属決定、SNSで決意表明

芸能総合 公開日:2022/04/30 14
この記事を
クリップ

元NMB48で活動していた横野すみれが30日、自身のTwitterを更新、ゼロイチファミリアへの所属を発表した。


ゼロイチファミリアといえば、雑誌グラビアを丸ごと自社所属のモデルで統一するゼロイチジャックを始め、独創的なプロモーションで飛躍した芸能事務所。CM、ドラマ、舞台、グラビアとマルチに活躍している桃月なしこをはじめ、アンジェラ芽衣、林ゆめ、黒木ひかり、十味、青山ひかる、霜月めあ、花咲れあ、川瀬もえ、竹内星菜、真島なおみ、伊織いお、まるぴ、さらにアイドルグループの#ババババンビ、#2i2、#よーよーよーなどなど話題のタレント、モデル、インフルエンサーが数多在籍している注目の事務所だ。


横野は1年にわたり活動を休止していたが、アイドル時代から個人的に応援しているモデルがいたり、グラビアやモデルの勉強としてよく雑誌や写真集などを観ていたという同事務所へ勇気を振り絞り、正面突破で自ら応募し、幾度の面接を経て合格が決まった。自身が18歳のときにグラビアデビューし、チャンスと同時に不安に苛まれたときに、当時所属していた(現在は引退)川崎あやがSNSで反応、そこから大きな反響を呼び、その後の自信に繋がったのが、応募の理由だと明かしている。


「自信をなくした私が、少しでも自信が持てるようになるため、まだ何も決まってないけど、改めて水着の活動から再会していけたらなと願っています」と発表、「私のアイドルを辞めての1年間はとても辛いものでした。その中で一番辛かったのは私の活動の源の皆さんにパワーを貰うことも送ることもできなかったからでした。この1年間で自分を見つめ直すことができました。後悔しても過去には戻れない。なので私は前を向いて歩き始めることを決意しました。これからの横野すみれを見といてください」と思いを綴った。


横野は5月から事務所の手伝いや、ミーティングなどに参加し、あらたな活動へ向けステップを登り始める。“新生横野すみれ”に大いに期待したい。

※本記事は掲載時点の情報です。