青木瞭&小林涼子が“韓ドラ”?吹き替えは日野聡と潘めぐみ「まさかの日本語吹き替え」

芸能総合 公開日:2022/04/28 9
この記事を
クリップ

アース製薬の虫よけ剤「サラテクト」の韓国ドラマ風Web動画『愛のサラテクト』(全10話、1話約1~2分)が、4月28日(木)より、YouTubeで順次配信される。

【関連】韓国ドラマ風の場面写真を見る




人気声優の日野聡と潘めぐみが吹き替え

『愛のサラテクト』は、財閥令嬢スーアと護衛係サラ・テクトのラブストーリー。「命の危機に晒されたヒロイン救われがち」「涙を指でふきがち」「数年後に時間飛びがち」「奇跡の再会しがち」など、韓国ドラマの“あるあるシーン”をふんだんに盛り込みながら、ドラマは展開していく。キャストには、サラ・テクト役に人気特撮テレビドラマに出演した青木瞭、スーア役を小林涼子、イケメン御曹司のシム役を七瀬公と、人気映画やドラマに出演する注目俳優が顔をそろえている。


韓国ドラマの吹き替え版の雰囲気を目指し、人気声優の日野聡(サラ・テクト)と潘めぐみ(スーア)が吹き替えを担当。日本でも大きな話題を呼んだ韓国ドラマで軍人とその婚約者役で共演した2人が、ラブストーリーを盛り上げる。また、人気韓国ドラマで悪役父子役を担当した奥田寛章と竹本和正が再共演。奥田がシム役、竹本がシムの父役を演じる。さらに、ベテラン声優の日野由利加が、スーアの母役を担当。また、キャストのメイクを韓国ドラマ風に近づけるため、韓国メイクを日本人向けに落とし込んだ「ハニルメイク」の考案者として話題のヘアメイクアップアーティスト・石川ユウキがメイクを担当した。


パロディがたっぷり

「財閥令嬢の護衛係が制服かーい!」と突っ込みつつも、身分違いの恋と三角関係を描いた『サラテクト』のWeb動画は、韓国ドラマの記号的なあるある、パロディがたっぷりと盛り込まれている。例えば「コケた女の子をとっさに抱きかかえる男子」とか、「薄着の女子の肩に、自分の上着をかけてあげる」といった場面は、韓国のラブコメでは頻繁に見る光景。「抱きかかえる」なんて、これをやらない韓国の恋愛ものはないんじゃないか、というほど。最近は「コケた男子を、抱きかかえる女子」という逆バージョンも次々登場している。


「財閥の恋や結婚の裏では、金と権力をめぐる陰謀が進行している」や、「恋に落ちた二人が実はその昔に運命的に出会っていた初恋の相手だった」という展開も、王道のストーリーライン。「記憶喪失」は最近は少し減ってきている印象もありますが、韓国ドラマにおいては今も頻出するエピソードといっていいかもしれない。


こうしたエピソードをさらに盛り上げるのは、なんといっても激情型のサブキャラたち。『サラテクト』では、サラ・テクトを目の敵にする粘着系のスーアの恋人シムや、サラ・テクトに娘との関係を金で諦めさせようとするスーアの母親の、なんでそこまで?と思うほどの憎々しさをパロディしていて、つい笑ってしまう。恋人が怒りに任せて握りしめる拳のアップとか、なぜかそこで盗み見ているお母さんとか、ディープなファンでなくとも何度も繰り返し見た場面ではないだろうか。


でもベタな韓国ドラマにおいて、愛はこうした状況に全然負けない。母親の買収を敢然と拒否したサラ・テクトは海外で成功し、そしてなぜか偶然再会……というのは、実際のドラマでも突っ込みたくなる展開だが、すかさずイケメンの意味不明なシャワーシーンで視聴者の目をくらませ(これもまさに韓国パターン!!)、考えるすきを与えない。「スーアが刺される!」というクライマックスには、「上手い!」と爆笑してしまったが、そんな大事件を経て愛の奇跡が起こる展開も、まさに韓ドラ。最終エピソードの「エンドロール」がこれまでの名場面集、なーんていう細部まで韓国ドラマらしく作られている。


1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 23件)