坂井真紀「心が震える瞬間が何度も…」感動を呼ぶクッキング・リアリティ番組とは

芸能総合 公開日:2022/04/22 5
この記事を
クリップ

『バチェラー・ジャパン』シリーズや、『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』シリーズなど、数々の人気バラエティ・リアリティ番組を配信してきたPrime Videoは、初のクッキング・リアリティ番組となる『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1を、4月22日(金)よりプライム会員向けに独占配信スタート。




総勢10名のアマチュアベイカーたちが、限られた時間内でお菓子やパン作りの腕と感性を競い合うクッキングコンテストで、様々な試練を乗り越える中で生まれるベイカーたちの絆や、成長をドラマチックに描く。ベイカーたちを厳しくも温かい目線でジャッジする審査員に、「Toshi Yoroizuka」のオーナーを務める鎧塚俊彦氏と、日仏ベーカリーグループのオーナーでパン職人の石川芳美氏が就任。番組のホストを坂井真紀と、工藤阿須加が務める。ベイカーを間近で見てきた坂井真紀と工藤阿須加は、<ベイカー達の成長過程>が本作ならではの人気の秘密になると明かした。


本作は、10人のベイカー達がパンやお菓子作りの課題に挑むクッキングコンテスト。お菓子やパン作りが大好きなベイカーたちが失敗や成功を積み重ねながらライバル同士切磋琢磨するひたむきな姿が描かれ、ベイカーたちの人間ドラマが印象的な番組となっている。


ホストとしてベイカーたちを励まし支えてきた工藤阿須加は、「失敗をしても諦めずに立ち上がり、葛藤したり悔しがったりしながらも前を向いて次の課題に挑み続けるベイカーの皆さんの成長の過程をそばで見させていただいたのですが、改めて振り返ると自分自身と向き合うきっかけにもなって、僕自身もすごく成長したような気がしています。」と語る。


各エピソードで挑む全ての課題でプロの審査員からの評価を受ける『ベイクオフ』の世界。世界的に活躍する審査員からの高評価に喜び自信をつけるベイカーや、厳しいコメントを受け悔しさを露わにするベイカーなど、毎エピソード悲喜こもごもの結果に。勝ち残ったベイカー達も失敗や反省をバネに次のチャレンジに前向きに挑み続ける姿に、他のリアリティ番組にはない独特の魅力がある。


坂井真紀は、ベイカーの中でもとくに毎回個性溢れるユニークなお菓子を生み出すAikaの成長が印象に残っているそう。坂井は「Aikaちゃんは、初めのころは鎧塚さんから厳しいコメントを受けていましたが、めげずに自分を表現し続けていた姿が印象的でした。もともとセンスの光るベイカーでしたが、回を重ねるにつれてどんどん洗練されていく様子に心が震える瞬間が何度もありました。」と語り、厳しい評価や失敗をバネに成長し続ける姿に感銘を受けたそう。さらに坂井は、「正確な分量が決まっていても、気温や時間、本人の気持ちの持ち方によっても全く違うものができたりするんです。お菓子やパン作りって本当に一筋縄ではいかなくて、まるで人生のようだなと思いました。」と語り、単なる“お菓子・パン作り対決”の枠に留まらない本作の魅力をアピールした。


失敗やトラブルにめげず挑戦し続ける勇気をもらえる『ベイクオフ・ジャパン』。ライバルだけど仲間。笑いあり、涙あり、失敗や成功体験を通して成長していくベイカーたちの人間ドラマに注目だ。日本の Amazon Original初のクッキング・リアリティ番組『ベイクオフ・ジャパン』シーズン1は4月22日(金)に4話、4月29日(金・祝)に4話の計8話が独占配信となる。


©2022 Amazon Content Services LLC All Rights Reserved

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)