SixTONES 京本大我、麗しいビジュアルとのギャップ「メンバーの中で一番ガサツなタイプ」

芸能総合 公開日:2022/04/18 3
この記事を
クリップ

2ヵ月前の4月号にて『VOCE』(株式会社講談社)初登場した京本大我SixTONES)。SNSや編集部宛のメールなど、あまりに反響が大きかったとのことで、なんと特別版表紙を飾った。前回のテーマは「麗しの春メイク」だったが、今回は「色」をテーマに京本の魅力を深堀り。




撮影当日は予定時間より少し早くスタジオ入りし、着いて早々に15分ほどの立ち話がスタート。取材前の雑談にもかかわらず、たくさんいい話をしてくれて、ライターも急にレコーダーのスイッチをONしたほど(笑)。麗しいルックスとは裏腹に、「メンバーの中で一番ガサツなタイプです」などと飾らない自然体な京本。いい意味でのギャップに、取材も大盛り上がりだった。また取材の際には“オタク気質”と語っていた京本だが、「自分よりポケモンGO強い人見たことない!」と撮影終わりにゲームの話題でもスタッフと大盛り上がり。気さくな京本のおかげで、終始穏やかで楽しい現場になった。


今回の京本特集は、あまりの美しさに編集長が「ページ数を増やそう!」とその場でページ追加が決定したほど。そんな京本の麗しいビジュアルと、自然体な内面の魅力がたっぷりつまったロングインタビュー、じっくりと堪能しよう。


■『VOCE』2022年6月号(特別版)

2022年4月21日(木)発売 ※首都圏基準


※本記事は掲載時点の情報です。