King & Prince神宮寺勇太『AERA』表紙に単独初登場、主演ドラマでの“心がけ”など語る

芸能総合 公開日:2022/04/15 1
この記事を
クリップ

4月18日発売の『AERA』4月25日号(朝日新聞出版)は、表紙にKing & Prince神宮寺勇太が単独で初登場。ドラマ『受付のジョー』で単独初主演を務めることから、演じるときに大事にしている「俳優としての論理」をたっぷりと語っている。




表紙に登場した神宮寺勇太は、ドラマ『受付のジョー』の撮影中、座長として心がけたことがあるそう。「現場に入って、『せーの!』の掛け声とともに、みんなで『おはようございます』と言ってから撮影を始めていました」と語るように、挨拶で現場の士気を高め、チームとしての絆を築いたそう。忙しい日々のなかで、俳優として演技に挑む神宮寺は、セリフの覚え方にも自分なりのコツがあるとか。家に帰る途中でどうセリフを覚えていくか、タイムスケジュールを組んでいたそう。ただ、本番で動かない芝居の場合は歩き回らずに覚えるというこだわりも。これら「俳優としての論理」を貫くのは、「限りなく完璧に近いものを皆さんにお届けしたい」という思いから。俳優として、アイドルとして、納得するために突き詰めていることを、自分の言葉でたっぷり語ったインタビューは必見だ。



■『AERA(アエラ)』2022年4月25日号
【発売日】2022年4月18日(月曜日)
【定価】440円(本体400円+税10%)


※本記事は掲載時点の情報です。