寺島拓篤、ベレー帽姿で画家に大変身「普段できないことを経験させてもらいました」

芸能総合 公開日:2022/04/15 5
この記事を
クリップ

アーティスト活動10周年の寺島拓篤が、4月22日(金)発売の『月刊TVガイド6月号』(東京ニュース通信社)に登場。画家に大変身している。購入者特典として全6種の生写真プレゼントも決定し、6種類の絵柄も公開された。




ベストアルバム『LAYERING』を5月11日にリリースする寺島拓篤。アーティストとして10年の歴史を積み重ねてきた寺島が、“画家”に扮して絵の具やクレヨンで色を塗り重ねていく姿は必見だ。ベレー帽姿もインタビューではベストアルバムの制作秘話のほか、歌詞に込めたファンへの思いなどをたっぷりと語っている。


アニメイト通販で「月刊TVガイド2022年6月号」を購入すると、特典として寺島拓篤生写真がプレゼントされる限定企画も。地域ごとに異なる6種類の絵柄は要チェックだ。


<寺島拓篤 コメント>

今回は画家という設定で撮影しました。イーゼルやキャンバス、パレットを用意していただいて、普段できないことを経験させてもらいました。撮影してみて新たに分かったのは、キャンバスに絵を描くのは勇気がいるということ。失敗が許されないので、画家ってすごいんだな~と絵の具を混ぜながら思いましたね。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)