舞台『刀剣乱舞』伊崎龍次郎&大見拓土、初対面のエピソード明かす

芸能総合 公開日:2022/04/11 1
この記事を
クリップ

舞台を中心に様々なステージで活躍する俳優をピックアップしたグラビアマガジン『ステージグランプリ』(株式会社主婦の友インフォス)第17弾となる『ステージグランプリvol.17 2022 SPRING』が4月8日に発売された。表紙には舞台『刀剣乱舞』獅子王役の伊崎龍次郎&篭手切江役の大見拓土がキャラクタービジュアルで登場。裏表紙には仲田博喜が約2年4カ月ぶりに登場する。

【画像】表紙や特集誌面カット



vol.17のテーマは「Faith」。先行きの見えない不安定な世の中で、自分の力を信じ、一緒に走っている仲間を信じ、舞台でのお客さんとのつながりを信じる……そんな、“信じる”気持ちにフォーカスを当て、注目の舞台作品に出演する役者一人ひとりの拠り所となる存在や、生きるうえでの信念について迫る。


表紙・巻頭大特集は舞台『刀剣乱舞』綺伝 いくさ世の徒花。獅子王&篭手切江のキャラクタービジュアルでの撮り下ろしのほか、獅子王を演じる伊崎龍次郎と、篭手切江を演じる大見拓土のキャスト対談も収録。対談では自身が演じる刀剣男士との向き合い方、共演するキャストへの印象などをじっくりと語っていただいたほか、お二人の初対面の際のエピソードも飛び出した。


裏表紙・巻末特集には2019年の初登場時の表紙が大好評だった仲田博喜が約2年4カ月ぶりに登場。


コロナ禍が続く中で自身の支えになったもの。フリーでの活動をスタートさせた今の心境。芸能活動10年目に入り、今後チャレンジしたいことなどをじっくり語っている。SHIBUYA TSUTAYAでは4/17(日)~24(日)に、誌面未掲載カットを使用した仲田博喜パネル展が開催される。


今号では田村心を10ページ超の大ボリュームでフィーチャー。激動の年だったと語る2018年、2019年を経験し、見えてきた景色とは。さらには現在上演中の『僕のヒーローアカデミア』 The “Ultra” Stage 平和の象徴についてもたっぷりとインタビュー。コロナ禍での中止を経て上演された『僕のヒーローアカデミア』The “Ultra” Stage 本物の英雄(ヒーロー) PLUS ULTRA ver.で感じたエンターテインメント業界への思い。そこから続く本作への意気込みを語っている。SHIBUYA TSUTAYAでは4/16(土)まで、誌面未掲載カットを使用した田村心パネル展を開催中。


ムビ×ステ『漆黒天』特集には荒木宏文が登場。恵まれた環境だったと語る映画撮影の裏側に、共演キャストや、続く舞台への想いを語っている。さらには今号のテーマである「信じる」ということについては、「信じない」ことが大切だという自身の考え方を教えてくれた。


ミュージカル『刀剣乱舞』~真剣乱舞祭2022~特集では小狐丸役の北園涼が登場。花を使ったグラビアは、華やかで透明感溢れるものに。インタビューでは過去の『刀ミュ』大型公演を振り、療養復帰後の公演となった『真剣乱舞祭2018』でのキャストとの絆を感じるエピソードも飛び出した。


舞台『魔法使いの約束』第3章特集には北川尚弥新正俊が登場。昨年の初演での出会いから1年。お互いの印象の変化や、メインストーリー第1部の締めくくりとなる本作への意気込みを聞いた。


ミュージカル『ピオフィオーレの晩鐘』特集には作中に登場するマフィア3組のトップを演じる新里宏太、里中将道横井翔二郎が登場。ほぼ初対面での取材となった今回。鼎談での初々しい様子と、そこから一転しクールな表情が満載のグラビアに注目だ。


『アマネ†ギムナジウム オンステージ』特集では、フィリクス・シュルツ役の大城ベイリ、ヨハン・ベルク役のとまんにインタビュー。古屋兎丸氏の作品のファンだったという二人が本作の魅力を語る。


アニメイト、主婦の友インフォスでは通常版とは別カットを使用した各法人限定表紙版を発売。主婦の友インフォス限定版は裏表紙が表紙と同じ写真サイズのワイド版となっている。また、主婦の友インフォスオンラインショップ、アニメイト、SHIBUYA TSUTAYAでは先着順で各法人別の特典ブロマイド付きで発売される。


■『ステージグランプリvol.17 2022 SPRING』

4月8日発売


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 20件)