桜井日奈子、“アラサーになる”と言うと「びっくりされます(笑)」旅&お酒好きな一面も

芸能総合 公開日:2022/03/25 5
この記事を
クリップ

ローカルの旅の魅力を発掘する『旅色FO-CAL』(株式会社ブランジスタメディア)石川県七尾市特集に桜井日奈子が登場した。



「温泉が大好き」という桜井日奈子が訪れたのは、北陸有数の温泉地・石川県七尾市。1200年の歴史を持つ「和倉温泉」、新鮮な能登の食材を使ったランチやスイーツ、地域に伝わる風習や伝統的な祭りを体験できる施設など、能登半島の“粋”を求めて、桜井が1泊2日の旅へ。生鮮市場の浜焼きコーナーで「美味しい!」と焼きたての能登かきを頬張る様子や、「すごく心がスッキリしました」と言う坐禅体験、「和倉温泉」の温泉街を浴衣姿で散策して足湯で温まったりと、七尾市の旅を楽しむ桜井の動画も配信している。


祭りや温泉、浴衣……、明るい笑顔が日本古来の伝統にぴったりはまる、桜井日奈子。海と山、歴史と風土を受け継ぐ石川県七尾市を初めて訪れた桜井が、さまざまな体験を通してその魅力を伝えてくれた。


七尾市の花嫁のれん館では、幕末から伝わる婚礼の風習で、嫁ぐ際に自分だけのために作ってもらえる「花嫁のれん」に「すてきー」と、興味津々。自身もファンに「楽屋のれん」をいただいてとても感動したため、「花嫁のれん」を作ってもらった花嫁さんの気持ちが分かる気がする、と話してくれた。七尾駅では、その名を冠した観光列車「花嫁のれん号」にも興味を示し、「輪島塗や加賀友禅をイメージしたという車両の外観や、ゆったりした半個室も素敵。車内で辻口博啓シェフのスイーツやお酒が飲めたりするのも最高ですよね!電車旅に憧れているので、見ているだけでテンションが上がります」と、旅好き・お酒好きな一面も。


その他にもインタビューでは、今年25歳になる心境を聞くと「“アラサーになる”と言うと他の方々からびっくりされます(笑)。アラサーになって役柄が広がるのはとても楽しみです。いろんな体験を経て、女優として成長していければと思っています。」と、今後は新しい一面も見せてくれそうだ。


また、「最近はなかなか旅行ができない分、”どこかに行きたい欲求”は高まっていますね。」と、桜井も旅行意欲が高まっているそうで「ここ数年、家族旅行も行けていないので、おいしいものが食べられたり、温泉でくつろげたり、楽しい体験ができるところに連れて行って親孝行をしたいと言う思いはあります。」と話していた。


▼桜井日奈子の旅ムービー



■『旅色FO-CAL』石川県七尾市特集

ナビゲーター:桜井日奈子


▼桜井日奈子 出演中

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 14件)