山下智久、ファンへの感謝と愛が“だだもれ”「無償の愛情を注いでくれるすごい存在」

芸能総合 公開日:2022/03/24 11
この記事を
クリップ

『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』5月号(株式会社扶桑社、2022年3月28日発売)本誌特集ページ、特装版カバー&別冊付録に山下智久が初登場。本誌と別冊、合計24ページにわたって山下智久の魅力をたっぷり届ける。



映画『ザ・マン・フロム・トロント』、主演作『Drops of God/神の雫』(Hulu配信予定)や、4月からは『正直不動産』でNHK連続ドラマに初主演する山下智久。ディオール ビューティー アンバサダーも務めるなど、活躍は多岐にわたる。


「この1年半、ものすごく忙しかったですね。でも、自分で決めていたんです。少なくとも2年は倒れるまで走り続けようって」「4カ月単身フランスにいて、正直ホームシックになりましたね。“なっが~ !! 帰りたいなー”って(笑)」「海外では自炊なので、炊飯器ひとつで料理をする生活でした。料理中は雑念が消えて、没頭できるから好きですね」国内外から作品のオファーが相次ぐ中、インタビューでは独立して約1年半、忙しくも濃密な日々で感じたことを語っている。


インタビューではファンへの感謝と愛が“だだもれ”する言葉も。「心を開ける相手って本当に少なくて。でも、ファンの方たちはいつも圧倒的な味方でいてくれて、無償の愛情を注いでくれるすごい存在。僕からすると、親とか家族みたいな感覚ですね」


さらに本誌では、ディオール ビューティー アンバサダーを務める山下が、世界的フラワーアーティスト東信がディオールのフレグランスをイメージして創作した花に囲まれた、幻想的な撮影を行った。


<山下智久 コメント>

東信さんが作る花の世界は、美しくもダイナミックでワイルド。今回こうして共演できて光栄です。アンバサダーとしての活動を通じて、香りが記憶と結びついていることや、香りの奥深さを学んでいます


<東信 コメント>

ディオールの世界観に、山下さんの持つ世界観を融合して、ただ美しいだけじゃない、野性味や荒々しさも感じる作品を作りました。山下さんはまるで“サムライ”のような印象。花に負けないオーラがにじみ出ていました


もうすぐ37歳。心なしか精悍さを増した顔つきに、時折ふっと少年らしさが見え隠れする。アンビバレントな魅力にあふれた撮り下ろし写真にも注目だ。


■『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』5月号特装版(増刊)

2022年3月28日発売 ※地域によって発売日が異なる


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ