小池徹平の休日 スペシャルムービー公開、釣りにハマったきっかけも語る

芸能総合 公開日:2022/03/15 9
この記事を
クリップ

小池徹平が表紙・巻頭グラビアを飾る、ライフスタイルマガジン『GOODA(グーダ)』(株式会社ブランジスタメディア)Vol.64が、3月15日に公開された。



『GOODA(グーダ)』表紙には2019年3月号以来、2度目の登場となる小池徹平。自身のYouTubeチャンネルでも、たびたび釣りの模様を配信するなど「釣り」がテーマの本号の表紙を飾るにふさわしいゲストだ。巻頭では、オシャレ度が上昇している山やキャンプ用のウェアを取り入れた着こなしを披露している。 


インタビューでは、釣りは幼い頃、父親の影響ではじめたことや、ハマるきっかけにもなったブラックバスを釣り上げたときのエピソードなどを話してくれた。バス釣りから海釣りに。自分だけの趣味が家族が喜ぶ趣味へと変化したという。自身が父親の影響で釣りをはじめたように、息子たちとも釣りに行きたいと話す。


また、小池は5月からスタートするミュージカル『るろうに剣心 京都編』についても「みんなが知る剣心を演じられるなんて光栄です」と意気込みを語った。コロナ禍での公演ということもあって、「誰かが欠けるようなことがあれば中止を余儀なくされてしまう可能性がある」といい、千秋楽まで無事に終えられるよう気を引き締めていると話す反面、「迫力のあるサウンドにのせた歌声、一流のダンサーのパフォーマンスは、まあ美しいんです。ミュージカルならではの非日常感を味わいに来てほしい」と、作品の見どころも話した。


▼小池徹平スペシャルムービー


■電子雑誌「GOODA(グーダ)」Vol.64

3月15日公開

表紙・巻頭グラビア:小池徹平


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)